『私は、マリア・カラス』| エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Studio

『私は、マリア・カラス』
MARIA by CALLAS

夢を追いかけて:栄光と涙
2019.9.1(日)~ 9.29(日)

ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。
2019年のテーマは「夢を追いかけて」。
9月は、伝説となった歌姫の真実の姿に迫ったドキュメンタリー『私は、マリア・カラス』をお届けします。

 

『私は、マリア・カラス』MARIA by CALLAS

2017年/フランス/114分/カラー/デジタル上映

監督:トム・ヴォルフ
朗読:ファニー・アルダン
出演:マリア・カラス
フォトクレジット: (c) 2017 - Elephant Doc - Petit Dragon - Unbeldi Productions - France 3 Cinema

トム・ヴォルフ監督による、真実のマリア・カラスに迫るドキュメンタリー。2013年から3年をかけて世界中を巡った<マリア・カラス探究の旅>では、これまで目にすることの出来なかった数多くの資料が見つかった。友人に宛てた手紙、恋人へのラブレター、自身の死により未完に終わった自叙伝、そして秘蔵映像と音源の数々。本作はそれらをもとに、関係者の証言などを極力排し、ほぼマリア・カラス自身の言葉と歌だけで構成されている。表舞台での姿はもちろん、リラックスしたプライベート映像や、その時々の心情を綴った手紙、テレビでのインタビューなど、多面的に光を当てることによって、誰もが知る<ディーヴァ>としての姿だけでなく、一人の女性としてのマリア・カラスを見事に描き出している。また、劇中での手紙や自叙伝の朗読を『永遠のマリア・カラス』('02)でカラス役を演じたファニー・アルダンが担当しているのも見逃せない。

 

監督について Director

トム・ヴォルフ

ロシア、サンクトペテルブルク生まれ、フランス育ち。2006年に映画作りを始める。手がけてきたのは、ファッション広告、国際的組織や企業のPR映像からオペラをテーマとする短編映画など多岐にわたる。シャトレ座ではオーディオビジュアル・コミュニケーションを3年に渡り担当し、さらに、プラシド・ドミンゴ、スティング、デヴィッド・クローネンバーグなどの数々の偉大な人物や作家のインタビュアーとしても活躍。2013年にニューヨークに移り、マリア・カラスを探求するプロジェクトを開始。2017年に初の長編監督映画となる『私は、マリア・カラス』を完成させた。
 

上映スケジュール Schedule

上映日
9月1日(日)、9月7日(土)、9月8日(日)、9月14日(土)、9月15日(日)、9月16日(月・祝)、9月21日(土)、9月22日(日)、9月23日(月・祝)、9月28日(土)、9月29日(日)

上映時間
11:00/14:00/17:00
 

会場 Access

銀座メゾンエルメス ル・ステュディオ
(東京都中央区銀座5‐4‐1 10階 TEL: 03-3569-3300)
 

予約 Reservation

予約開始:8月11日(日)11:00
予約方法:8月11日以降、「予約」ボタンよりご予約ください。

※予約開始時間の11:00付近は、アクセスが集中し繋がりにくい場合がございます。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
※満席の場合にはご予約頂けませんが、当日キャンセルのあった場合は、会場にて先着順でご鑑賞いただけます。(上映時間5分前に会場に直接お越しください。)
※上映会は、中学生以上の方にご参加いただけます。
※ 1プログラム1回のみ予約可能となります。