『ジョッキーを夢見る子供たち』『ピナ・バウシュ 夢の教室』| エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Studio

『ジョッキーを夢見る子供たち』
Lads & Jockeys
『ピナ・バウシュ 夢の教室』
Dancing Dreams

夢を追いかけて:学ぶ・夢みる・成長する
2019.11.2(土)~ 11.30(土)

ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。
2019年のテーマは「夢を追いかけて」。

11月・12月は2カ月間にわたり、夢をめぐる特別プログラムをお届けします。
ご紹介する4本の映画のうち、3本は過去に上映した作品からリクエストの多かった作品を選びました。

11月は、こどもの夢をめぐる2つの物語。
自分の可能性を信じ、未来のスター騎手を目指して青春を捧げる『ジョッキーを夢見る子供たち』。
舞台経験ゼロの子供たちが、ダンスを通して自分や他者との関わり方を学んでいく『ピナ・バウシュ 夢の教室』。
どうぞお楽しみください。

 

『ジョッキーを夢見る子供たち』Lads & Jockeys

2008年/フランス/99分/カラー/デジタル上映

監督:バンジャマン・マルケ
製作:ダニエル・マルケ
撮影:セバスチャン・ビュシュマン、ロラン・シャレ、バンジャマン・マルケ
出演:スティーヴ・ル・ゲルン、フロリアン・ボスケット、フラヴィアン・マセ、武豊
フォトクレジット:© 2008 Groupe Deux

「ジョッキーになりたい、僕のあこがれの仕事だから!」子供たちを馬のスペシャリストに育てるための、フランス国立厩務員・騎手養成学校。そこには親元を離れ、未来のスター騎手を目指して必死に生きる子供たちがいる。人間よりも馬が優先される厳しい世界のなかで、馬の繊細さ、力強さにおののきながらも、馬とともに力強く成長してゆく子供たち。才能のある者、自分の夢を疑いはじめる者、誰よりも馬を愛しながらも落ちこぼれてしまう者…。皆の夢は世界最高峰のレース、凱旋門賞への出場。しかし、ジョッキーになれるのはほんの一握りなのだ。世界的ジョッキーである武豊も出演する本作は、人生の試練に立ち向かう子供たちの姿を追う清々しいドキュメンタリー。『皇帝ペンギン』の名カメラマン、ロラン・シャレが繊細なサラブレッドの躍動感を見事に捉えている。

 

『ピナ・バウシュ 夢の教室』Dancing Dreams

2010年/ドイツ/89分/カラー/デジタル上映 原題:Tanz Träume

監督:アンネ・リンゼル
撮影監督:ライナー・ホフマン
プロデューサー:ゲアト・ハーグ、アンネ・リンゼル
音楽:ウーヴェ・ドレッシュ、トーマス・ケラー、トビアス・リンゼル、ポール・オベルレ、ティム・ドーンケ
編集:マイク・シュレマー
出演:ピナ・バウシュ、ベネディクト・ビリエ、ジョセフィン=アン・エンディコット
フォトクレジット:© TAG/TRAUM 2010

世界的な舞踏家、ピナ・バウシュのもとに、ダンスも演劇も経験のない40人のティーンエイジャーが集まった。「男女の愛」をテーマにしたピナの代表的演目『コンタクトホーフ』を演じるため、10ヶ月間の無謀とも言える猛特訓が始まる…。志望の動機も様々な少年・少女たち。「できない」「意味がわからない」と、最初はダンスに二の足を踏んでいた彼らも、ピナやコーチたちの指導を受けながら稽古に励み、他者の肌に触れ合い、感情をさらけ出す濃密な時間の中で、動作にキレが生まれ、表情が輝き出し、また彼ら自身も自らの変化に気づき始めてゆく…。2009年6月30日、ピナ・バウシュは68歳でこの世を去る。がんの宣告を受けたわずか5日後のことだった。本作は彼女の生前最後の映像を収めた貴重なドキュメンタリーとなっている。

 

監督について Director

バンジャマン・マルケ Benjamin Marquet

1970年生まれ。フランスの映画監督、脚本家、フォト・ディレクター。1988年にレ・フィルム・アラン・サルドにて研修。2000年、フランコ・アメリカン・フィルムにて演出助手を務め、同時期にディズニーランド・パリのための広告も手掛けている。2002年、ニコール・ガルシアの『L'Adversaire』、ダニエル・トンプソンの『シェフと素顔と、おいしい時間』で演出助手。監督作品としては、デビュー作『La Vie en Beau』('02)、セネガルに一年間滞在し撮影されたドキュメンタリー『L'Humanologue』('05)がある。『ジョッキーを夢見る子供たち』では、パリ郊外のフランス国立厩務員・騎手養成学校、ル・ムーラン・ナ・ヴォンの新入生たちの一年を追った。
 
アンネ・リンゼル Anne Linsel

ドイツ、ヴッパタール生まれ。芸術・文化評論家、ジャーナリストでありながら、多くのTVドキュメンタリーの監督を手掛けるほか、ラジオやTV番組の司会、執筆活動なども行う。美術および美術史、ドイツ文学を学び、1984年〜1989年まで、ZDF(第二ドイツテレビ)社の文化誌『Aspekte』に携わる。雑誌や新聞への執筆活動などでも活躍し、エルゼ・ラスカー=シューラーの詩集『Deine Sehnsucht war die Schlange』の共同編集も手掛けた。また映像作家としても、主にアーティストや芸術に関するTVドキュメンタリーの監督として数々の作品を世に送り出している。本編『ピナ・バウシュ 夢の教室』は、映画監督としての長編デビュー作である。
 

上映スケジュール Schedule

上映日
[ジョッキーを夢見る子供たち]
11月2日(土)、3日(日・祝)、4日(月・休)、9日(土)、10日(日)

[ピナ・バウシュ 夢の教室]
16日(土)、17日(日)、23日(土・祝)、24日(日)、30日(土)

上映時間
11:00/14:00/17:00
 

会場 Access

銀座メゾンエルメス ル・ステュディオ
(東京都中央区銀座5‐4‐1 10階 TEL: 03-3569-3300)
 

予約 Reservation

予約開始:10月12日(土)11:00
予約方法:10月12日以降、「予約」ボタンよりご予約ください。

※上映日によって上映内容が異なります。
※なるべく多くのお客様にご覧頂けますよう、ご予約は1か月につき1回のみとさせて頂きます。どちらか1本を選んでご予約下さい。ご理解賜りますようお願い申し上げます。
※予約開始時間の11:00付近は、アクセスが集中し繋がりにくい場合がございます。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
※満席の場合にはご予約頂けませんが、当日キャンセルのあった場合は、会場にて先着順でご鑑賞いただけます。(上映時間5分前に会場に直接お越しください。)
※上映会は、中学生以上の方にご参加いただけます。
※1プログラム1回のみ予約可能となります。