『ひとで』『詩人の血』| エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Studio

『ひとで』
L'étoile de Mer
『詩人の血』
Le Sang d’un Poète

夢を追いかけて:アヴァンギャルドの眼差し
2019.8.3(土)~ 8.31(土)

ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。
2019年のテーマは「夢を追いかけて」。 8月は、詩人の空想から生み出されたアヴァンギャルド映画2本をお届けします。

 

『ひとで』L'étoile de Mer

1928年/フランス/15分/モノクロ/デジタル上映

監督:マン・レイ
脚本:ロベール・デスノス
出演:モンパルナスのキキ(アリス・プラン)、アンドレ・ドゥ・ラ・リヴィエール、ロベール・デスノス
フォトクレジット:© MAN RAY 2015 TRUST/ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2019 C2918
 

『詩人の血』 Le Sang d’un Poète

1930年/フランス/51分/モノクロ/デジタル上映

監督・脚本:ジャン・コクトー
撮影:ジョルジュ・ペリナル
音楽:ジョルジュ・オーリック
出演:リー・ミラー、ポリーヌ・カルトン、エンリケ・リベロ、オデット・タラザク
フォトクレジット:© Studiocanal

『ひとで』はマン・レイがロベール・デスノスの詩をもとに撮った作品。ある晩、友人のデスノスに彼の脚本で映画を撮りたいと話したところ、翌朝デスノスは脚本の形にした詩を持って来たという。マン・レイ曰く「その詩は彼のベッドの近くに置いてある鉢の中のひとでから着想され、その夜のうちに書き上げられました。半分が夢から、半分が現実から生れたのです。」
『詩人の血』はジャン・コクトーの初監督作品にしてアヴァンギャルド映画の古典的名作。四つのエピソードで構成される本作は、詩人、彫像、メキシコ人など様々な登場人物によって、ミステリアスで寓話的なストーリーが断片的に続いてゆく。劇中に出てくるモチーフは、ジャンルを超越し活躍していたコクトーの他の作品にも共通しており、彼の芸術家としての姿勢が如実に示されている。

 

監督について Director

マン・レイ

1890年、アメリカ、フィラデルフィア生まれ。画家、写真家、彫刻家、映像作家として知られ、ダダやシュルレアリスムにおいて重要な役割を果たした。絵画や写真作品の他に『エマク・バキア』(’26)や『サイコロ城の秘密』(’29)など実験的な映像作品も手掛けている。1921年にパリに移住。1940年に戦火を避けカリフォルニアに移るが、1951年に再びパリに戻る。1976年パリにて死去。

ジャン・コクトー

1889年、パリ近郊に生まれる。1909年に初の詩集『アラジンのランプ』を自費出版。1929年には小説『恐るべき子供たち』を発表。映画では『詩人の血』(’30)、『美女と野獣』(’46)、『オルフェ』(’50)などの作品を監督した。詩人、小説家、劇作家、映画監督だけでなく、評論家、画家、造形作家など多岐にわたって芸術活動を行ない、1955年にはアカデミー・フランセーズの会員に選出された。1963年、74歳で死去。
 

上映スケジュール Schedule

上映日
8月3日(土)、8月4日(日)、8月10日(土)、8月11日(日・祝)、8月12日(月・休)、8月17日(土)、8月18日(日)、8月24日(土)、8月25日(日)、8月31日(土)

上映時間
11:00/14:00/17:00
 

会場 Access

銀座メゾンエルメス ル・ステュディオ
(東京都中央区銀座5‐4‐1 10階 TEL: 03-3569-3300)
 

予約 Reservation

予約開始:7月13日(土)11:00
予約方法:7月13日以降、「予約」ボタンよりご予約ください。

セキュリティー強化のため、プログラムご予約のための銀座メゾンエルメスアカウントについて、8桁以上のパスワードの設定をお願いさせていただくこととなりました。 大変お手数をおかけしますが、8桁未満のパスワードをご設定の方は ページ下部の<パスワードをお忘れの方はこちら>から再設定をお願い致します。 ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

※予約開始時間の11:00付近は、アクセスが集中し繋がりにくい場合がございます。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
※満席の場合にはご予約頂けませんが、当日キャンセルのあった場合は、会場にて先着順でご鑑賞いただけます。(上映時間5分前に会場に直接お越しください。)
※上映会は、中学生以上の方にご参加いただけます。
※ 1プログラム1回のみ予約可能となります。