「コズミック・ガーデン」サンドラ・シント展 | エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Forum

「コズミック・ガーデン」サンドラ・シント展
Cosmic Garden by Sandra Cinto

2020.2.11(火・祝)~5.10(日)

エルメス財団では、ブラジル・サンパウロを拠点に制作を続けるアーティスト、サンドラ・シントによる「コズミック・ガーデン」展を開催いたします。1968年、ブラジルに生まれたシントは、星や結晶、波などをモチーフとして用いたドローイングを主に、空間と関わり合いを持つインスタレーションを数多く手がけてきました。日本では、豊田市美術館(2008年)や、青森公立大学国際芸術センター青森での滞在制作(2015年)に参加したほか、アメリカ、ブラジル、スペインを中心とする各国で個展、シアトル美術館が運営するオリンピック彫刻公園の壁画作品などパブリックアートも制作しています。また、パートナーであるアルバーノ・アフォンソと共に「アトリエ・フィダルガ」を主宰し、ブラジル国内外にて展覧会やレジデンシーなどの芸術交流も積極的に行っています。

シントにとってドローイングとは、人々の体験や記憶、夢を共有するひとつの内省的な言語でありながら、時間と向かい合うひとつの重要な方法でもあり、瞑想や休息をも意味します。白や銀の細い線から描き出されるのは、荒れ狂う海、暴風雨や天空といった、人間の力の及ばない崇高さと結びつく光景ですが、ここでシントが問いかけるのは、自然の力による破壊や暴力そのものではなく、カタストロフや混沌といった状況に直面した時、私たち人間が感情と向き合う時間です。

本展では、宇宙を象徴的に表す青のグラデーションを用いながら、生命の流動や宇宙の時空を抽象的に重ね合わせたインスタレーション制作を行います。これらは、シントと親交のある何人かのアーティストたちとの共同作業によって行われますが、数日間にわたる作画は、ドローイングの反復的なリズムや波動が互いの瞑想の中で繋がりあい、空間へと共鳴してゆく特徴を生み出します。

――――――――――――――

私はアートとは人々が自分自身と繋がり、自分という存在を理解する一つの方法だと信じています。そのようにして再発見された自分とは、どこか深甚で神秘的な姿をしているのではないでしょうか
― サンドラ・シント

「コズミック・ガーデン」は鑑賞者にも、自分との対話を促します。親密で緻密な細部から生み出されるリズムに導かれる没入的な体験は、いつしか空間を超時間的な庭と変えてゆくでしょう。宇宙という深淵の海にたたずむ休息の時間は、シントが求める不安定な社会に対する静かな抵抗の姿でもあるのです。
 
銀座メゾンエルメス フォーラムは、残念ながら現在休館しております。
再開までの間、ウォール・ドローイングの特別映像をお届けします。
ドローイングの制作は、瞑想的な時間でした。しばしの休息となりますよう。

Documentary film of Cosmic Garden (Japan, 2020, 03:42min.)

アーティストプロフィール Artist Profile

サンドラ・シント Sandra Cinto

1968年、ブラジル、サント・アンドレ生まれ。現在、サンパウロ在住。シントは自らの時間を蓄積する直接的な行為としてドローイングを好み、シンボルや線を用いた豊かな語彙で、空想と現実の間に漂う叙情的な風景や物語を紡ぎ出す。ドローイングを起点として、緻密に描き込まれた荒れ狂う海、暴風雨や天空などの入り組んだ魅惑的な風景は、周囲の建築環境と共振しながら、方向感覚を失わせ、無重力や渦巻く宇宙を錯覚させる。幻想的な景色は、人間の苦悩や贖罪の物語を想起させながら、人間の大叙事詩を暗示するかのようでもある。
1990年代初頭より、各国で作品を発表し始めたシントの主な個展は、「Landscape of a Lifetime」(ダラス美術館、テキサス、2019年)、「Sandra Cinto: Chance and Necessity」(サウスフロリダ大学現代美術館ウェストギャラリー、フロリダ、2016年)、主なグループ展に「Code: Sandra Cinto, Carla Chaim, Albano Afonso, Carlos Nunes, Ding Musa」(オスノヴァギャラリー、モスクワ、2017年)、「Museu dançante (Dancing Museum)」(サンパウロ近代美術館、2015年)など。パブリックアートも数多く手がける。2015年、青森公立大学国際芸術センター青森にて滞在制作。美術館への収蔵作品も多数。
 

基本情報 Information

会期:
2020年2月11日(火・祝)~5月10日(日)
※会期中ワークショップを開催します。
開館時間:
月~土 11:00~20:00(最終入場は19:30まで)
日 11:00~19:00(最終入場は18:30まで)
休館日:不定休(エルメス銀座店の営業時間に準ずる)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月31日(火)までの臨時休館を予定しておりましたが、残念ながら引き続き休館とさせて頂きます。(更新日:2020/03/27)
再開のスケジュールが決まりましたら、改めてこちらとメールニュースにてお知らせ致します。
入場料:無料
会場:銀座メゾンエルメス フォーラム(東京都中央区銀座5‐4‐1 8階 TEL: 03-3569-3300)
主催:エルメス財団
後援:駐日ブラジル大使館
 

ワークショップ Workshop

概要:
「コズミック・ガーデン」サンドラ・シント展では、展覧会の会場でワークショップを開催いたします。
サンドラ・シントはドローイングを通したコミュニケーションで、人々との身体的な繋がりを生み出すことを目指しています。作品に囲まれた瞑想的な環境の中で、シンプルなツールを使って空間に線を描き、その動きを観察する練習や、参加者との対話を重ねながら作品制作を試みるアクティビティは、時間や記憶と向き合い、共有する表現手段としてのドローイングを体験するワークショップです。どうぞリラックスしてご参加ください!
(英語/日本語通訳つき)
日時:
2020年2月11日(火・祝)18:00〜19:30(約90分)
2020年2月15日(土)18:30〜20:00 (約90分)
※チラシでお知らせしておりました日程(11日・12日)から変更となりましたのでご注意下さい。
定員・対象年齢:
各回定員10名/対象年齢:10歳以上
お申し込み方法:
ワークショップ当日、フォーラム会場内にて受付いたします。会場スタッフまでお声がけください。
開始時間の15分前(11日は17:45/15日は18:15)が集合時間となります。
参加人数が限られているため、集合時間にくじ引きで参加者の抽選を行います。
※くじを、両日とも当日の11:00(開館時間)から上記の集合時間まで配布します。
※くじをお持ちでも集合時間にお集まり頂けない場合、抽選にご参加頂けなくなりますのでご注意下さい。

※ワークショップ途中での退場はご遠慮下さい。90分通してご参加頂ける方のみ、お申込みをお願い致します。
※ワークショップはギャラリーの開館時間に始まりますが、終了は閉館後となります。
※鑑賞されるお客様のいる中で開催されますことをご承知おきください。
※ワークショップ中、公式のアーカイブとして写真・動画の撮影を行わせて頂きます。
※お電話、オンラインでのお申し込みは受け付けておりません。