「グリーンランド」 中谷芙二子+宇吉郎展 | エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Forum

「グリーンランド」 中谷芙二子+宇吉郎展
Greenland

2017.12.22(金)~2018.3.4(日)

銀座メゾンエルメス フォーラムは、霧のアーティストとして国際的に活躍する中谷芙二子と、その父・宇吉郎の展覧会「グリーンランド」を開催いたします。「雪は天から送られた手紙である」という言葉で有名な科学者、中谷宇吉郎は、1936年に世界で初めて人工的に雪の結晶をつくり出したことでも知られています。科学の真理を大自然と人間との協働作業のなかに見出した宇吉郎の姿勢は、霧を媒体とした芸術表現を試みる芙二子に、強く影響を与え続けています。

1933年、宇吉郎の次女として生まれた中谷芙二子は、初期の絵画制作を経て、1966年にはニューヨークにて芸術と科学の協働を理念とした実験グループ「E.A.T.(Experiments in Art and Technology)」に参加、70~80年代は日本を拠点にビデオ作品の制作や発表も行ってきました。作家の代名詞である、水を用いた人工霧による「霧の彫刻」は、1970年の大阪万博ペプシ館にて初めて発表されました。以降、世界各地で80作品を越えるインスタレーションやパフォーマンスなどを手がけています。また、建築・音楽・ダンス・光といった他ジャンルのアーティストとも共同制作を行っています。

本展は晩年の宇吉郎が雪氷研究に打ち込んだ地、グリーンランドをタイトルに掲げ、銀座メゾンエルメスのガラスブロックを氷の大地に見立て、室内での霧の実験に挑むものです。「氷のことは氷に聞かないと分からない」――宇吉郎が遺したユーモラスな言葉の数々は、雄大な自然と溶け合うときの、科学以前の心身の感動と、対象に寄り添う自然科学研究の厳しさ、尊さを私たちに伝えています。父が1957年から四度の夏を北極圏で過ごす頃、芙二子はパリとマドリードで絵画を学び、その後の作家表現の基盤を養いつつありました。当時描かれた太陽や雲といった自然科学的なモチーフには、場所を隔てて響き合う二つの感性を見出すことができるでしょう。

中谷芙二子の新作 《Glacial Fogfall》 とともに、二つの才能の好奇心あふれるチャレンジ精神が交錯する本展。常に変化してゆく自然や環境を観察し、記録し、再生する過程そのものを大きな営みとして捉えた二人の、世代を跨ぐ対話をお楽しみください。

展覧会ブックレット

展覧会の様子を記録したブックレットをオンラインでご覧いただけます。

 

アーティストプロフィール Artist Profile

中谷芙二子 Fujiko Nakaya

1933年、札幌生まれ。東京在住。米国ノースウェスタン大学卒業。1966年にニューヨークで結成され、芸術と科学の協働を理念とした実験グループ「E.A.T.」に参加、1970年の大阪万博ペプシ館にて人工霧による「霧の彫刻」を発表する。以降、世界各地で人工霧を用いた環境彫刻、公園、インスタレーション、パフォーマンスなどを手がける。他ジャンルのアーティストとの共同制作も多い。1970年代よりビデオ作品も制作し、1980年には原宿に「ビデオギャラリーSCAN」を設立。2017年フランス芸術文化勲章コマンドゥール受勲。代表作に《F.O.G.》(ビルバオ・グッゲンハイム美術館、1999年)、《雨月物語―懸崖の滝》(横浜トリエンナーレ、2008年)、《Veil》(フィリップ・ジョンソン「グラスハウス」、2014年)、《London Fog》(テート・モダン、2017年)など。
中谷宇吉郎 Ukichiro Nakaya (1900–62)

日本を代表する科学者の一人であり、雪氷学の基礎を築いた実験物理学者。1932年から雪の結晶の研究を開始し、1936年に世界で初めて人工的に雪の結晶をつくることに成功。1952年からは研究の場を米国へと移し、対象もグリーンランドの氷冠にまで広がった。主な著書に『雪』(岩波文庫、1938年)、『雪の研究―結晶の形態とその生成』(岩波書店、1949年)、『Snow Crystals: Natural and Artificial』(ハーバード大学出版局、1954年)、『北極の氷』(宝文館、1958年)など。1994年、生誕の地である石川県加賀市に「中谷宇吉郎 雪の科学館」が開館。

基本情報 Information

会期
会場への入口について 下記の日程において、会場への入口を変更させていただきます。
変更日:会期中の土曜・日曜 (2月24日、25日、3月3日、4日)
銀座メゾンエルメス ソニー通り側入口のエレベーターより8階会場へご案内いたします。(店舗内改装のため)
※平日(月~金)は、変更なし。エルメス銀座店内エレベーターより。
お客様にはご不便をおかけ致しますが、ご理解、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

開館日: 2017年12月22日(金)~2018年3月4日(日)
開館時間:
月~土 11:00~20:00(最終入場は19:30まで)
日   11:00~19:00(最終入場は18:30まで)
休館日: 不定休(年末年始はエルメス銀座店の営業時間に準ずる)
入場料: 無料
会場: 銀座メゾンエルメス フォーラム(東京都中央区銀座5‐4‐1 8階 TEL: 03-3569-3300)
主催: エルメス財団
協力:プロセスアート、中谷宇吉郎記念財団、中谷宇吉郎 雪の科学館
展示協力:YKK AP株式会社
後援: 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
 

ギャラリーツアー開催のお知らせ (終了いたしました)

現在開催中の「グリーンランド」中谷芙二子+宇吉郎展では、ギャラリーツアーを開催いたします。
展覧会の背景など、フォーラム担当者が解説いたします。

【日時】
2月1日(木)、8日(木)、15日(木)、22日(木) 各日18時30分より

【集合場所】
銀座メゾンエルメス フォーラム (8階)
※予約不要。
※開始5分前までに、8階の会場スタッフにツアーご参加の旨お知らせください。

ワークショップ・上映会開催のお知らせ(終了いたしました)

展覧会に関連したワークショップ・上映会を開催いたします。

「雪と氷のワークショップ」 (事前申し込み制)

現在開催中の「グリーンランド」中谷芙二子+宇吉郎展では、展覧会に関連したワークショップを開催いたします。
中谷宇吉郎が魅せられた雪と氷の世界は、謎と驚きに満ちています。今回は、「中谷宇吉郎 雪の科学館」(石川県加賀市)よりゲストをお招きし、雪や氷にまつわる科学実験を行います。ダイヤモンドダストを観察したり、氷のペンダントを作ってみたり、さまざまな実験を通じて雪と氷の不思議と美しさを発見するワークショップは、大人からお子様まで楽しめるプログラムです。どうぞご参加ください!

【日時】
2018年3月2日(金)、3日(土)
各日3回 13:30~/15:30~/17:30~ (約45分)

【講師】
神田健三(中谷宇吉郎 雪の科学館 前館長)、石川真知子(同館学芸員)

【定員・対象年齢】
各回定員20名/対象年齢:10歳以上

【募集期間】
2月22日(木)11:00~ フォーラム会場内にて受付。定員になり次第受付終了。
※先着順となります。あらかじめご了承ください。
※定員となった場合はこちらのページでお知らせいたします。

【お申し込み方法】
募集期間中、フォーラム会場内にて受付いたします。会場スタッフまでお声がけください。
※展示作品への理解を深めるワークショップとなります。展覧会をご覧いただいたうえでのお申し込みをお願いいたします。
※お電話、オンラインでのお申し込みは受け付けておりません。
※フォーラムの開館時間については、展覧会ページよりご確認ください。

 

『科学するこころ―中谷宇吉郎の世界』上映会

また、同2日間は、宇吉郎の研究とその生涯に迫るドキュメンタリー映画『科学するこころ―中谷宇吉郎の世界』(1994年/脚本・演出 今泉文子)の特別上映も行います。

【日時】
2018年3月2日(金)、3日(土)
各日 12:00~/14:30~/16:30~/18:30~ (上映時間:約30分)

【定員・対象年齢】
40席/対象年齢:10歳以上

【お申し込み方法】
上映当日、各回の上映開始1時間前より、フォーラム会場内にて受付いたします。会場スタッフまでお声がけください。
※定員になり次第受付終了となります。あらかじめご了承ください。