Petit h | エルメス - Hermes

petit h(プティ アッシュ)

petit h(プティ アッシュ)のアトリエで行われることは、すべてがさかさま。少し変わったアプローチで進みます。ここでの作品づくりは、素材が決め手。作品にインスピレーションを与え、生命を吹き込むのは、素材なのです。意外性と稀少性を兼ね備えるオブジェをつくること。その独創的なアプローチは、「さかさま」のプロセスを経て、常識にとらわれない作品を生み出します。プティ アッシュの作品はユニークピース、あるいはごく少数の限定品。パリのセーヴル通りにあるエルメス ブティックで展示されます。そして年に数回、世界各地のエルメス ブティックへと旅に出かけるのです。

エルメスらしいオブジェたち

petit h(プティ アッシュ)の魅力的なオブジェたち。あなたに幸運を届けてくれるかも…?

オブジェができるまで

  • すらりとしたフォルムの、ご自慢の塩入れ

    「私は、スイスのローザンヌ州立美術学校(ECAL)に通う、ある学生のアイデアから生まれました。彼は、ジャケットのボタンとクリスタルのボトルを組み合わせて、レザーとコルクの切れ端でできたプレートに乗せました。これで私が、すらりとしたフォルムの、ご自慢の塩入れになるための材料が揃いました。機転を利かせた発想と熟練の職人技が出会ったことで、私は唯一無二の、個性あふれる塩入れになることができたのです。」

  • 夢を奏でる小さな音楽

    「プティ アッシュでは、どのオブジェも独自の音楽を奏でます。もちろん私も。まんまるのオルゴールと、緻密な革張り。そしてシルクの紐と、夢の扉を開ける鍵がもたらすアクセント。こうした創意に富む発想から、私は生まれました。ニワトリの羽根やダッフルコートのボタンなど、さまざまなフォルムに姿を変えられるんです。夢みたいでしょう?」

  • ポニーにご注目!

    「わたしの生みの親、マルヨライン・マンデアスロート(Marjolijn Mandersloot)は、巨大な動物をつくるのが大好きなアーティスト。実物大のものや、本物よりずっと大きいものもつくってしまうの。エレガントな子鹿、エキゾチックなキリン、パンダなど、わたしの家族はとってもにぎやか。末っ子のわたしの肌は柔らかなレザーで包まれていて、身体の中にはマイクロビーズがつまっているの。だからとっても動きやすいのよ。」
  • テラゾに宝物を詰め込んで

    「私の歴史は古代にまで遡ります。宮殿や彫像をつくる際に出た大理石のかけらを集め、石灰で固めて、個性的で高級感のある素材となったのが、わたくしの祖先、テラゾです。私をつくったのは、ニコラ・ドール(Nicolas Daul)とジュリアン・ドゥマンシュ(Julien Demanche)という2人のデザイナー。イタリア・ヴェネト州にある研究室で、この由緒ある技術に〈プティ アッシュ〉のエスプリを取り入れてオブジェを作ることを思いついたのです。私は、メタルバックルやカデナ、マザー・オブ・パールのボタンなど、エルメスの歴史を物語るさまざまなパーツでできています。しかも私は変幻自在。ローテーブルにも、アクセサリーにも姿を変えられるのです。」

ジェローム・ジュレスの空飛ぶオブジェ

オブジェがUFOさながらに銀河を飛び交う、ジェローム・ジュレスの世界へようこそ。
エルメス セーヴル店では9月中旬まで、幻想的かつリアルな空飛ぶオブジェで空間を満たすアーティスト、ジェローム・ジュレスの作品を展示します。彼の作品は、歯車、機械部品、パラソル、古いテレビ、箱をはじめとした梱包素材で組み立てられ、まるで動き出すかのよう。消費社会が残した痕跡ともいえる素材で構築された作品は、人間と現代という時代との関係、そして素材の再利用について問題提起します。
さらに、これらの作品は、レオナルド・ダ・ヴィンチの発明をも思い起こさせます。
ジュレスがpetit h(プティ アッシュ)のために特別にデザインした複数の作品も発表されます。中には、彼自身が乗って飛びたいと思っている翼幅6メートルに及ぶオブジェも。
今シーズンは、ジェローム・ジュレスによる動くオブジェのほか、アドリアン・ロヴェロの『フリスビー』、ジル・ジョヌマンの『空飛ぶティーポット』、ゴドフロワ・ド・ヴィリユーの『ブラジルの遊び』の羽が空を飛ぶさまも合わせてご覧いただけます。