《ケリー》| エルメス - Hermes

《ケリー》

 
 
 
 
  • 1930
     
    馬具づくりの工房としてエルメスが創業して1世紀後、ロベール・デュマは肩掛け用のストラップが付いた、あるハンドバッグを制作しました。台形のフォルム、三角形の2つのマチ、立体的なフラップ、ハンドル、そして十分な容量など、バッグとして必要なものはすべて備え、装飾的なものは一切省いた、アクティブで自立した女性のためのシンプルで気品のある機能的なバッグ。このストラップの付属した女性用バッグは、たちまち皆に愛されましたが、長らく名前がありませんでした。あとはもう名前だけでした。
  • 1937
     
    このバッグは、まず「外縫い」のものが生まれ、次に「内縫い」のバリエーションが加わりました。バッグを形作るのは、36枚のレザー、680本のステッチ、16本の鋲、カデナ(南京錠)、クラスプ、そしてクロシェット。内縫いのものは、これらすべて要素や製法はそのままに、内側から縫製をはじめ、最後に手袋のように裏返します。よりソフトな「内縫い」版が誕生しました。
  • 1956
     
    この年、ある小説のような出来事が実際に起こります。銀幕の大スターからモナコ王妃になったグレース・ケリーは、ストラップ付きのエルメスのバッグでおなかの赤ちゃんを隠して守ります。その際、撮られた写真は世界中に広まり、バッグは一躍有名になりました。バッグ《ケリー》の誕生です。
  • 1968
     
    1968年5月、フランスは五月革命により激動の時を迎えますが、バッグ《ケリー》は、そのバランスの良さと落ち着きのある様相、そしてタイムレスな黒いボックスカーフが放つ無駄のないシックなたたずまいにより、ゆるぎない存在感を放っていました。
  • 1987
     
    バッグ《ケリー》は特別な象徴として、これまでにもさまざまな発想をかたちにしてきました。フォーブル店のレイラ・マンシャリによるウィンドウ・ディスプレイに使用されたような、木製、シルバーの板材製、オーガンジー、厚紙、チョコレート、藁、シルク、金属メッシュ、果ては艶のあるレザーに見まがうようなこんがりやけたパン製のものもありました。こうした特別な目的での注文は、アトリエの職人たちの想像力を掻き立てます。苦行する修行僧のように釘がささったもの、パンクロッカーのように安全ピンがささったもの、羽根、ふわふわした毛並みのもの、デニム、カットミンクなど、《ケリー》は自らの既成概念を揺るがします。
  • 2000
     
    当時、エルメスのCEOであったジャン=ルイ・デュマは、経営の最高責任者であると同時に、エレガンスを形にするアーティスティック・ディレクターでもありました。鉛筆を手に取れば、たちまちファンタジーとウィットに富んだ世界が紙面に描きだされます。デュマのデッサンのひとつ、バッグ《ケリー・ドール》(仏語での言葉遊びで「何て素敵なアイドル」を意味する名称)によって、バッグ《ケリー》がかわいらしく擬人化されました。
  • 2004
     
    《ケリー》の上にファスナーをつけるですって?何たること!モナリザに口ひげを描いたも同然ですが……エルメスは大胆にもあえて前面にファスナーポケットをつけ、《ケリー》の表情を変えました。バッグ《ケリー・ラキ》は、とても小さなもの(15cm)から大変大きなサイズ(50cm)まで、あらゆるサイズで展開されています。
  • 2011
     
    ゆで卵と柳材のバスケット。草原でピクニックを、という誰しもが心ときめく願望からバッグ《ケリー・ピクニック》は誕生しました。柳細工とレザーバッグ、両者のノウハウの結晶です。柳材がふんだんに用いられ、バレニア素材のレザーが編まれた柳と革紐によってつながれ固定されています。シックでチャーミングな《ケリー・ピクニック》は、ピクニックの風景にぴったりです。
  • 2018
     
    HはエルメスのH(Hermès)。アートの精神とバッグ《ケリーグラフィー》に則って。
    Eは「めまいがするような(étourdissante)」のE。アルファベット標本のびっくりするようなバリエーション。
    Rはレザーの「集結(réunion)」のR。多彩なカラー、スムースまたはグレインレザー、1ミリの10分の1の精度でカットされ、表面に凹凸なく見事にはめ込められたレザーの勢ぞろい。
    Mはレザーの「マルケトリ(marqueterie)」細工のM。
    Eは《ケリー》制作に求められる技術への「職人気質(exigence)」のE。
    Sは鞍職人(sellier)としてのS。

レザーコレクション

エルメスブティックにてお待ちしております。
ブティックを探す, または 他のバッグを見る