プレシャス・スキン

プレシャス・スキン

エルメスのレザー製品をお買い上げいただきありがとうございます。クオリティを追求し続けるエルメスの職人が手がけた製品は、美しさを保つために適切なお手入れを必要とします。クロコダイルやアリゲーター、リザードの斑(ふ)、およびオーストリッチのクイルマークは、貴重で洗練されたプレシャス・スキンの特徴です。これらは個体によって異なり、人間の指紋と同様、同じ模様はふたつとありません。その美しさと均一性で選ばれた貴重なレザーは、リス(艶)加工には瑪瑙(めのう)、マット加工にはウールフェルトを使用したポリッシュ仕上げを施しています。こうした仕上げによって自然な風合いと「透明性」(加工前の表面の表情)が保たれ、時を経て美しい艶を帯びていくのです。
プレート、留め金、錠前(カデナ)、錠、鋲、バックルなどの金属パーツは皮革製造業では「ジュエリー」と呼ばれ、その大部分がエルメスで自社製造されています。ほとんどのパーツが真鍮製で、ゴールド、パラディウムまたはパーマブラスなどの金属による化粧仕上げを手作業で施しています。エルメスのレザー製品を末永くご愛用いただくために、以下の点にご注意ください。

雨天時にはご注意ください。

水や湿気に弱いプレシャス・スキンは、お取り扱いに特に注意が必要です。雨や水などに濡れるとシミになることがあります。水に濡れた場合は、毛羽立ちの少ない柔らかい布ですばやく拭き取ってください。窓際に置いた場合の直射日光や電灯光、または暖房機器などの熱源によって変色するおそれがあります。

特定の物質との接触にご注意ください。

インク(フェルトペンやボールペン)、油性製品(メイクアップ用品や口紅)、香水やアルコール製品などに触れると、修復不可能なダメージを与えることがあります。天然繊維や濃い色の生地と繰り返し接触することによって、淡い色のレザーは変色するおそれがあります。重たい物は入れず、詰め込み過ぎないように注意することで、変形を防ぐことができます。

レザーには定期的な休息が必要です。

本来の状態を保つために、エルメスのレザー製品は休ませることも大切です。使用しない場合は、気温の変動が少なく直射日光の当たらない場所で、付属の保護袋に収納してください。その際変形を防ぐために、ファスナーを閉めてストラップを締め直して保管してください。除湿剤はレザーを乾燥させるため使用しないでください。

適切なお手入れをおすすめします。

エルメスのレザー製品には、市販のお手入れ用具の使用をお控えください。自己判断によるお手入れはレザーに思わぬダメージを与えることがありますので、エルメスの職人による定期的なクリーニングにお任せください。疑問点やご質問がありましたら、最寄りのエルメスブティックまでお問い合わせください。