「If you find me in a dream」| エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Window Display

「If you find me in a dream」

2012.7.19(木)~10.16(火)
見たことも、行ったこともないパラダイスへの入り口は、街のどこかに潜んでいます。儚くも美しい入り口を探すには、忙しい歩みを止めて、街のディテールに目を凝らさなくてはいけません。今回、メゾンエルメスのウィンドウに現れたのは「“時”の恵み」がもたらした、パラダイスへの入口。ほら、そのなかに迷い込んだ女性を、大きな虹が迎え入れています。


この風景を創りあげたのはオーストラリア人アーティストのPip & Pop。世界中で集めた可愛らしい小物や、カラフルな粘土、グリッター、砂糖菓子やキャンディ、ビーズなどでできた小さなオブジェが空間を満たし、いたるところで小さな物語を生み出しています。手づくりの輪郭を残したオブジェは愛らしく、キラキラと光る岩肌に育つ生命のようです。彼女のミニチュア世界を見る人々は、豊かな色と輝き、見たこともない動物たちが繰り広げる小さな物語に触れて時を忘れ、思わず幸せな気持ちでにっこりと笑顔になってしまうのです。

夢のようなランドスケープにさらなる輝きを与えるのは、サンルイのクリスタル。個性的なシルエットと透明感あふれるカラーバリエーションが有機的な風景に不思議なリズムを与え、自然の光を取り込んでは、宝石のように輝いています。

パラダイスとは、美しいもので溢れる別世界でありたいもの。神話やおとぎ話のような、はたまた見たことのない遠い未来のような場所には、全く違う時間が流れています。その証拠に、パラダイスへの入口には、儚いはずの虹が消えることなく、ずっと架かっているのです。

アーティストプロフィール Artist Profile

Pip&Pop (タニヤ・シュルツ Tanya Schultz)​

1972年オーストラリア生まれ。西オーストラリア州のECU (Edith Cowan University)を卒業し、Pip & Popとして活動している。あいちトリエンナーレ(名古屋)、Kunstverein Ludwigsburg(ドイツ)、スミス・ロウ(英国)、ギャラリー・オブ・モダンアート(オーストラリア)、スパイラル・ギャラリー(東京)など、オーストラリア国内外で展覧会を開催している。カンタス現代美術賞などの受賞のほか、助成金も得ている。シュルツは日本の民話に関する研究や自らの作品につかう風変わりなもの探しのため、たびたび来日している。台湾の關渡ビエンナーレ(Kuandu Biennale)に出品を予定。オーストラリアのパースを拠点に制作活動中。
フォトクレジット:© Satoshi Asakawa / Courtesy of Hermès Japon