『光と闇の伝説 コリン・マッケンジー』| エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Studio

『光と闇の伝説 コリン・マッケンジー』
Forgotten Silver

演じる。遊ぶ。プレイフルな人生!:モキュメンタリー
2018.6.2(土)~6.30(土)

ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。
2018年のテーマは「演じる。遊ぶ。プレイフルな人生!」。
6月は、映画史に挑む夢のモキュメンタリー『光と闇の伝説 コリン・マッケンジー』をお届けします。

 

『光と闇の伝説 コリン・マッケンジー』 Forgotten Silver

1995年/ニュージーランド/53分/モノクロ=カラー/ブルーレイ

監督:ピーター・ジャクソン、コスタ・ボーテス
製作総指揮:ピーター・ジャクソン、ジェイミー・セルカーク
製作:スー・ロジャース
撮影:アラン・ボリンジャー、ジェリー・ヴァスベンター
音楽:ダンカン・デヴィッドソン、デイヴィッド・ドナルドソン、スティーヴ・ロッシェ、ジャネット・ロディック
出演:ピーター・ジャクソン、サム・ニール、コスタ・ボーテス、ハーヴェイ・ワインスタイン
フォトクレジット:Photos by CHRIS COAD © Wingnut Films
 
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで有名なピーター・ジャクソン監督による幻の傑作は、ドキュメンタリーの型を模したモキュメンタリー?!
謎に包まれた映画監督「コリン・マッケンジー」の生涯。世界で初めてスペクタル映画を撮り、世界初のトーキー映画、さらには初のカラー映画も製作……?「コリン・マッケンジー」の偉業の数々、その真実を追い求めて、ピーター・ジャクソン監督率いる撮影クルーがニュージーランド南島の密林の奥を行く。
ニュージーランドの映画人たちとともに、映画生誕100年を記念して作り上げた夢の映画!
 

作品について About Film

この文章には「ネタバレ」が含まれます。続きを読むのは、映画を見終わってからにしてください。そのほうがきっと作品を楽しめます。

本作は、映画史から忘却された幻の映画監督コリン・マッケンジーの偉業を紹介する「ドキュメンタリー」と銘打っていますが、観客のみなさんはおそらく作品の途中でそのことを疑わしく思いはじめるでしょう。映画の歴史どころか飛行機の歴史さえもくつがえす発明の数々、ひと癖もふた癖もある出資者たちとの度重なるいざこざ、遺作『サロメ』をめぐる波乱万丈の物語。そのすべてが壮大なホラ話であることは誰の目にも明らかです。

ところが、ニュージーランドのテレビ局でこの作品を放映したときには、視聴者の多くがまんまと騙されてしまいました。そのうえ、放映の翌日に、監督のピーター・ジャクソンとコスタ・ボーテス自身がこの作品の内容はすべて真っ赤な嘘だと告白すると、視聴者から怒りのクレームが殺到しました。

実際、ジャクソンとボーテスはこの作品を製作するにあたり、したたかな黒幕として暗躍しました。彼らは先人の業績を紹介するテレビドキュメンタリーの形式を借りて、事実と嘘を巧みに織り交ぜました。本物の記録映像を流用したり、それに手をくわえて偽の記録を捏造したりするだけでなく、映画業界の名だたる面々を共犯者として引きいれ、マッケンジーへの敬意にみちた嘘の証言を手に入れました。

ただし、ジャクソンとボーテスは、昨今人気が高まっている「モキュメンタリー」を作ろうとしただけではありません。ふたりは巧妙なイタズラを仕組むとともに、映画の先駆者たちにオマージュを捧げたのです。新しいメディアに情熱を燃やしたパイオニアたちは、映画に無限の可能性を見いだし、新しい技術や表現様式を創造しました。大きな野心と発明の才をもった彼らは、壮大な作品と並外れた個性によって栄光を勝ちとり、あるいは人知れず映画の歴史から姿を消しました。無声映画の世界には、『サロメ』のように未完に終わった作品や歴史に埋もれた天才が少なくないのです。

ジャクソンとボーテスは、映像の力を再認識させてくれました。わたしたちは、自分の目で見たものを事実として信用します。もちろん、コリン・マッケンジーは、映画のなかにしか存在しません。ウディ・アレンのカメレオン男「ゼリグ」や、ロブ・ライナーのロックバンド「スパイナル・タップ」、もっとシリアスなところではピーター・ワトキンスの「ウォー・ゲーム」と同じく、あくまで架空の存在です。にもかかわらず、現実よりも本当らしく思えるのはなぜでしょうか。映画は「見せかけ」の芸術にほかなりません。フィルムに記録された現実に多少の嘘が混じるように、フィクションにはつねに一片の真実が宿るのです。

アレキサンドル・ティケニス(ル・ステュディオ プログラム・ディレクター)

上映スケジュール Schedule

上映日
上映日:6月2日(土)、6月3日(日)、6月9日(土)、6月10日(日)、6月16日(土)、6月17日(日)、6月23日(土)、6月24日(日)、6月30日(土)

上映時間
11:00/14:00/17:00
 

会場 Access

銀座メゾンエルメス  ル・ステュディオ
(東京都中央区銀座5‐4‐1 10階 TEL: 03-3569-3300)
 

予約 Reservation

※このプログラムの上映は既に終了いたしております。