『都会のアリス』| エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Studio

『都会のアリス』
Alice in the Cities by Wim Wenders 

フラヌール - いつでも、そぞろ歩き:「私」に還る
2015.6.6(土)~6.28(日)

ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。
2015年は『フラヌール - いつでも、そぞろ歩き。』をテーマにお届けいたします。
6月は、ヴィム・ヴェンダース監督による少女と中年男が旅するロードムービー『都会のアリス』です。

 

『都会のアリス』 Alice in the Cities by Wim Wenders 

1974年/西ドイツ/112分/モノクロ/35mm​

監督: ヴィム・ヴェンダース
製作: ヨアヒム・フォン・メンゲルスハオゼン
脚本: ヴィム・ヴェンダース、ファイト・フォン・フュルステンベルク
出演: リュディガー・フォーグラー、イェラ・ロットレンダー、リザ・クロイツァー
撮影: ロビー・ミューラー
字幕: 吉岡芳子
配給: 東北新社
フォトクレジット:© Rüdiger Vogler, Yella Rottländer © 1973 Reverse Angle Library GmbH
アメリカに旅行記の執筆に来ていたドイツ人ジャーナリストのフィリップは、多くの写真は撮ったもののなかなか記事が書けずにいた。写真だけではどうにもならないとエージェントから非難され、ドイツに戻る決意で空港へ行くと、ストで運航停止中。そこで、アリスと母親のリザに出会う。リザの事情によりアリスを預かることとなったフィリップは、アムステルダムに渡り、アリスとの二人旅へ。アメリカを旅して自分を見失った男が、少女と旅をしていくうちに自分を取り戻していく。
前半から後半にかけてのモノクロ映像では、フィリップの心情をそのまま表しているかのように光の加減が変わってゆく。フィリップ役のフォーグラーはその後、ヴェンダースの『まわり道(‘75)』『さすらい(’76)』にも続けて登場、本作を含めてロードムービー3部作とされている。
 

作品について About Film

ヴィム・ヴェンダースは、1991年にフリードリヒ・ヴィルヘルム・ムルナウ賞を受賞した際、この偉大な同国人の日記から次の一節を引用した。「わたしは自宅でも、祖国でも、どこにいても、心からくつろぐことはない」。ヴェンダースが1982年に製作した『ことの次第』に登場する映画監督フリッツも、外国で撮影をしながらムルナウの言葉について思いをめぐらせていた。
その言葉は、ヴェンダース自身の言葉であってもおかしくない。ヴェンダースは、ヨーロッパ全土と北米の各地で撮影をおこなってきた。かれは旅する映画監督であり、その作品はつねに今いる場所をはなれ、新たな土地をさすらうことで作られてきたのである。

『都会のアリス』は、ジャーナリストのフィリップがアメリカを流浪する場面から始まる。仕事にゆきづまったフィリップは、9歳の少女にみちびかれるままに、エンパイア・ステート・ビルの展望台に上がり、ドイツのルール地方を訪ねる。
ふたりはいっしょに旅をつづけながら、それぞれの家族のもとへ向かう。少女には他の選択肢はなく、フィリップには他に行くあてがない。過去との和解というこのテーマを、ヴェンダースはこの後も『さすらい』から『パリ、テキサス』にいたる作品のなかでくりかえし描いていく。
家族さがしの旅は、やがて、物憂げな散歩に変わる。少女アリスも、心ならずもアリスの父親代わりとなったフィリップも、先を急ごうとはしない。風景が窓の外をつぎつぎと流れていく。飛行機の丸窓、車のバックミラー、列車やモノレールの窓。ヴェンダースはさまざまな窓によって風景を切りとっていく。世界はひどく複雑であり、その複雑な世界でうまくやっていくのは簡単なことではないと、ヴェンダースは言おうとしているのかもしれない。

フィリップは、旅の意味を見出すために写真を撮りつづける。写真はこの作品のライトモチーフであり、そこにはヴェンダース自身の写真好きも反映している。アリスに会うまでは、フィリップが撮る写真はどれもつまらなかった。広告用の看板かテレビ番組のように、まるで意味のない薄っぺらな写真ばかりだった。
しかし徐々に、フィリップの写真に血が通いはじめる。被写体の顔がいきいきと映しだされるようになる。ポラロイドのレンズをつうじて、フィリップは現実との絆をとりもどしたのだ。本来のじぶんを見出すために、そしておそらくは仕事の行き詰まりを打開するためにも、少女とともに過ごす時間と思索の旅が必要だったのだ。

アレキサンドル・ティケニス(ル・ステュディオ プログラム・ディレクター)
 

上映スケジュール Schedule

上映日
6月6日(土)、6月7日(日)、6月13日(土)、6月14日(日)、6月20日(土)、6月21日(日)、6月27日(土)、6月28日(日)

上映時間
11:00/14:00/17:00
 

会場 Access

銀座メゾンエルメス ル・ステュディオ
(東京都中央区銀座5‐4‐1 10階 TEL: 03-3569-3300)
 

予約 Reservation

※このプログラムの上映は既に終了いたしております。