『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』| エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Studio

『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』
Senna

スポーツは素敵!:疾走する人生
2013.12.1(日)~ 12.29(日)

ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。

 

『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』Senna

2010年/イギリス/108分/カラー/35mm​

監督:アシフ・カパディア
脚本:マニッシュ・パンディ
製作:ジェームズ・ゲイ=リース、ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー
音楽:アントニオ・ピント
出演:アイルトン・セナ、アラン・プロスト、ジャン=マリー・バレストル、フランク・ウィリアムズ、ネルソン・ピケ、他
字幕翻訳:種市譲二
字幕監修:森脇基恭
配給:東宝東和
フォトクレジット:©2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
圧倒的な人気の中、34歳の若さで突如この世を去った天才F1ドライバー、アイルトン・セナ。スポーツの政治に巻き込まれ、マシンの制御に苦しみ、F1の世界に絶望しながらも、彼は速さを、勝利を、そして正しさを求め続けた。深い信念と憂いを湛えたその瞳は、常に澄み渡っていた。アイルトン・セナ財団の全面協力による貴重な秘蔵映像で、天才の素顔に迫る真実のドキュメンタリー。その姿は、観るものに深い感動を刻み込む。
 

作品について About Film

もし、アイルトン・セナという男が実在しなかったとしても、彼にそっくりの人物をハリウッドのシナリオライターが考え出していたに違いない。F1の頂点をめがけて駆け上り、華々しい絶頂期で人生を終えるまでの軌跡は、伝記映画の主人公さながらである。アシフ・カパディアのドキュメンタリーは、この天才チャンピオンの非凡さをことさらに際立たせる。どこをとっても、生身の人間の常識とはおよそかけ離れており、むしろ映画の中のヒーローに近いのだ。
まず、何と言ってもセナは抜群のルックスの持ち主でありながら、プレイボーイの鼻持ちならない傲慢さとは無縁である。憂いを帯びた魅力で、たちまちメディアやファンを虜にしてしまう。
実在、架空を問わず、英雄には数奇な運命がよく似合う。このブラジル人レーサーは勝利に次ぐ勝利を重ねながら、闘いのさなかに忽然とその短い生涯を閉じる。その軌跡によって、セナはF1のアイコン、さらには一国家のアイコンとなり、映画界やロック界のスーパースターにも引けをとらない崇拝の対象となった。
また、コンピュータ制御の助けなしに、滑りやすい路面をやすやすと走行し、自分以外の何者にも頼らない完全無欠のアスリートであったという点も付け加えておこう。自らが所属するチームの中でさえも孤高の存在であり、毅然とした静けさを保ち、いつも自分の世界にいるようだった。自らの信仰について語る時でさえ、秘密の部分は隠し持ったままであるかのようだった。
この映画が観衆を惹きつける手法、それは冒険映画や西部劇のドラマティックな仕立てに似ている。同じチームの中に自分に対抗する「邪魔者」がいて、宿命的な同士討ちへと発展する。サーキットの上でセナと火花を散らしたフランス人、アラン・プロストはここでは悪役を演じている。余談だが、F1ではレーシングチームのことを「エキュリー(厩舎)」と呼ぶ。これはメカニックな高速車をカウボーイが跨がる馬に見立てた、美しいアナロジーである。
観客はまた、ほんの一握りのエリートたちの世界を垣間見る。そこに一体どれほどの技術と富が注ぎ込まれているのだろうかと思いを巡らせ、この競技に常につきまとうリスクと、死の影の妖しい魅力に心奪われる。
とはいえ、ここで闘う超人たちも我々と同じ人間である。ヘルメットを装着した頭だけを残して、不燃性のモノコックに身をうずめているのだ。サーキットから離れれば、家族や恋人と親密な時を過ごし、いったん悲劇が起これば、生身の人間の弱さを露呈する。
破滅的な事故によって物語はクライマックスを迎える。最終章では、ファンも含めた全ての登場人物が一堂に会し、死者が聖人の列に加えられる。
F1に興味を持ち始めたばかりのファンであれ、長年のF1ファンであれ、搭載カメラの映像とともに、スポーツ界の伝説となったこの「音速の貴公子」のスピードに身を委ねてほしい。

アレキサンドル・ティケニス(ル・ステュディオ プログラム・ディレクター)
 

上映スケジュール Schedule

上映日
12月1日(日)、12月7日(土)、12月8日(日)、12月14日(土)、12月15日(日)、12月21日(土)、12月22日(日)、12月23日(月・祝)、12月28日(土)、12月29日(日)

上映時間
11:00/14:00/17:00
 

会場 Access

銀座メゾンエルメス ル・ステュディオ
(東京都中央区銀座5‐4‐1 10階 TEL: 03-3569-3300)
 

予約 Reservation

※このプログラムの上映は既に終了いたしております。