『去年マリエンバートで』| エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Studio

『去年マリエンバートで』
L’année dernière à Marienbad

“時”の恵み:夢想と時間
2012.7.1(日)~7.29(日)

ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。

 

『去年マリエンバートで』L’année dernière à Marienbad

1961年/イタリア=フランス/90分/モノクロ/35mm​

監督・脚本:アラン・レネ
原作:アラン・ロブ=グリエ
撮影:サシャ・ヴィエルニー
音楽:フランシス・セイリグ
出演:デルフィーヌ・セイリグ、ジョルジョ・アルベルタッツィ、サッシャ・ピトエフ
字幕:山崎剛太郎
協力:公益財団法人 川喜多記念映画文化財団
バロック風の城館で一人の男が、一年前に出会った(と男が信じている)女と再会する。二人は果てしなく続く廊下を延々と歩き続け、機械人形を思わせる人々とすれ違い、同じ台詞を繰り返し、同じ場面を演じ続ける。これは夢なのか? 記憶なのか? 映画のゲームなのか?
アラン・ロブ・グリエの脚本による『去年マリエンバートで』は、ヌーヴォー・ロマンの手法の一部を映像に移し替えたものである――映画の形式と構造の刷新、伝統的な語りの拒絶、登場人物の心理の排除。
今日では伝説となったこの映画は、公開当時賛否両論の嵐を呼び、誰もが無関心ではいられなかった。1961年、ヴェネツィア映画祭金獅子賞受賞。
 

作品について About Film

「覚えていますか?」。男は謎めいた女に、何度もそう問いかける。男は女に会ったと思っている。去年、たぶん彼女の夫も一緒に。たぶんマリエンバートのこの城館で……。男は過剰なまでの装飾が施された広間を彷徨い歩き、機械めいた奇妙な男女とすれ違いながら、同じ場面を繰り返し、飽きることなく同じ言葉を問いかけているらしい。これは夢なのか? 記憶なのか? それともゲームなのか?
『去年マリエンバートで』の謎を解き明かすただ一つの答えは存在しない。アラン・レネの作品によくみられるように本作でも、時間と記憶の概念が疑問に付されている。脚本を担当したアラン・ロブ=グリエとともに、レネは観客を物理的、そして心理的に入り組んだ迷宮へと導き入れる。まるで無限ループを描くように、そこではすべてが繰り返されているかのようだ。ゆっくりとしたトラッキング・ショットで進んでいく廊下、執拗に反復するテーマ音楽。さまざまな人物によって同じ台詞が語られ、ワンカットのなかで部屋の装飾が変容し……自分のいる場所が現在なのか、過去なのか、あるいは夢の世界なのか、判断することができない。明らかにそこは、外界と切り離された、特別な時間の流れる別世界なのだ。
当時大きな変化を遂げつつあった文学と映画という二つの芸術の出会いを、これほど見事に表現した映画は珍しい。『去年マリエンバートで』は、ヌーヴォー・ロマンの原理を映像というジャンルに移し替えたものだと言うことができる。すなわち、映画の形式と構造を問い直し、時系列に沿った語りと、登場人物の心理描写を排除したのだ。本作は、ゴダールやアントニオーニに代表される60年代映画の革新性に連なる。彼らもまた、時間と語りの新しい様式を模索した人々であった。
1961年にヴェネツィア映画祭で金獅子賞を受賞した本作は、大きな話題を呼んだ。発表当時から現在にいたるまで、絶えず人々の関心を呼び、魅了し続けている。観るたびに、私たちはこの忘れがたいイメージの数々に迎えられる――彫像や鏡で飾られた長い廊下、三角形に刈り込まれた木々の庭園、デルフィーヌ・セイリグの優雅なシルエット。
ところで、古い城館を舞台とした彷徨、幽霊じみた登場人物、目覚めたまま見る夢と言えば……本作は、今年のル・ステュディオの上映作品である『エルミタージュ幻想』と対をなしていると言えるのかもしれない。ただし、アレクサンドル・ソクーロフが全編ワンカットで途切れない語りの糸を紡ぐのに対し、レネとロブ=グリエは時間を切り刻み、反復させ、逆さまにし……つまりは時間と戯れるのである。

アレキサンドル・ティケニス(ル・ステュディオ プログラム・ディレクター)
 

上映スケジュール Schedule

上映日
7月1日(日)、7月7日(土)、7月8日(日)、7月14日(土)、7月15日(日)、7月16日(月・祝)、7月21日(土)、7月22日(日)、7月28日(土)、7月29日(日)

上映時間
11:00/14:00/17:00
 

会場 Access

銀座メゾンエルメス  ル・ステュディオ
(東京都中央区銀座5‐4‐1 10階 TEL: 03-3569-3300)
 

予約 Reservation

※このプログラムの上映は既に終了いたしております。