「線を聴く」展 | エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Forum

「線を聴く」展
Listening to the Lines

2015.4.24(金)~7.5(日)

はじめに

銀座メゾンエルメス フォーラムでは、シンプルな「線」を考察する展覧会、「線を聴く」展を開催いたします。私たちの想像力の源である自然の中に見出すことのできる線や、線の生まれる場所に焦点をあてた作品をグループ展形式で紹介いたします。
本展覧会は、東京、森美術館にて開催される「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」(2015年4月25日~7月5日、主催:森美術館、ポンピドゥー・センター・メス、特別共催:エルメス財団)に呼応する形で開催されます。
フォルムと同様に「線」の表現は、美術の中でも重要なテーマとして取りあげられてきました。ドローイングやカリグラフィー、あるいは抽象絵画に代表されるように、造形美術において、線についても多くの考察がなされ、作品が作られ続けています。また、私たちの文化のなかでも、科学の分析図や地図、楽譜、文字など、美術を超えた領域でも線を使った描写は広く普及しています。壮大な線をめぐる文化史のなかで、本展覧会は、密やかな線に耳を澄ますきっかけ、また線に導かれるままの開かれた風景を味わう機会となることでしょう。

 

展覧会概要

“あちこちに石がみずから書き残したしるしは、それにこだまを返す他のしるしの探索と精神を誘う。
私はこうしたしるしの前に佇み、みつめ、記述する。
そのとき、遊びがはじまる、発明であると同時に認識でもある遊びが。” ロジェ・カイヨワ*
 

自然の中に見出された線から

私たちのインスピレーションの源である自然の中から、アーティストや思想家たちは様々な方法で線を見つけ出します。
『石が書く』で知られるフランスの批評家ロジェ・カイヨワは、好奇心あふれる様々なオブジェの収集を行いましたが、中でも、フランス国立自然史博物館に所蔵されるストーン・コレクションは類まれな美しさにあふれています。「対角線の科学」で、インターディシプリナリーの先駆者といわれるカイヨワの思考は、自然界全般に見られる人智の及ばない普遍的な美が作り出す風景について語ります。200点近いカイヨワのコレクションの中から、今回は瑪瑙(めのう)や大理石を中心に約60点をご紹介し、石の切断面に現れる不思議な線描画を観察します。
東洋では伝統的に自然を絵画のモチーフとし、山水画は中国から日本にかけて発達しました。シュ・ビンのバックグラウンド・ストーリーは一種だまし絵といえる手法で、自然の素材が描き出す風景を紹介します。
ミュージシャンとしての活動も行うカールステン・ニコライは、自然科学の原理やその背後にある構造、また知覚や認識に着眼した作品で知られています。数式によって形成されるグリッドや、線や点のズレによって生じるモアレ現象をリサーチしたヴィジュアルディクショナリーは、私たちが自由に活用できるプラットフォームとして構想されています。
 

日常生活の中で紡がれる線たちへ

私たちがほとんどの時間を過ごす家やオフィスからも、線は生まれてきます。個人的で親密な時間に編まれた表現や瞬間的なメモ書きのような軽やかさは、私たちの生活空間の中で動いている手が作り上げる線の集積です。
日本人の双子姉妹によるアートユニット髙田安規子・政子は、日常のスケール感を操作することで、思いがけない風景を生み出します。雑誌やトランプ、地図や庭など、普段見慣れた事柄に違和感を持ち込み、私たちを小さな宇宙へと誘います。イグナシオ・ウリアルテは、一般企業にて、会社員として働いていた経歴を持つアーティストです。オフィスという環境の中から始まる小さなアクションを作品への糸口として、A4サイズ紙やBICのボールペン、輪ゴムといった文房具を用いたシンプルな作品が特徴的です。
 

線未満、出発点

平面表現において線を成す前の段階である点は、全ての出発点でもあります。ニエル・トロニは、西洋美術史の文脈の中で、独自の絵画実践を続けるアーティストです。1966年以来、『仕事-絵画』と呼ばれるその実践は、50番の絵筆を使い、30センチごとの間隔に基づき最初のストロークを描き続けています。
 

結ばれる線 広がる線

ベルリン在住のアーティスト、鯨津朝子は、一貫して線を描くという創作スタイルを25年に渡り続けています。美術館やギャラリーのみならず、住宅などの場所で自在に繰り広げられる作品は、限定された空間からその外へ向かう指向性をもっています。それぞれの空間を読み解きながら、彫刻をするかのように引かれたドローイングは、独自の生命を持った有機体のように、無限に広がります。また、本展覧会では、線にまつわる表現を辿るための、小さなライブラリーも併設します。日本の建築家アトリエ・ワンによる図書館マンガ・ポッドは、直線で作られたグリッドの形態を自在に可変させることで、線の表現やシェルのように閉ざされた空間を作り出します。今回は、マンガ・ポッド エルメスエディションとして、ライブラリーそのものが、自由な形態や思考の回路を生み出すシンボリックなプラットフォームとなります。

* ロジェ・カイヨワ『石が書く』岡谷公二訳、新潮社、1975年 より抜粋

 

展覧会映像とアーティストインタビュー(20分/日本語版/2015)
 

展覧会ブックレット

展覧会の様子を記録したブックレットをオンラインでご覧いただけます。

 

出展アーティスト

  • アトリエ・ワン Atelier Bow-Wow

    1992年、塚本由晴と貝島桃代により設立。
    塚本由晴 1965年、神奈川県生まれ。建築家、東京工業大学大学院教授、博士(工学)。
    貝島桃代 1969年、東京都生まれ。建築家、筑波大学准教授、修士(工学)。

    主な展覧会 
    (* は個展、《 》内は出展作品名)
    2014 「ウィンドウスケープ」ミラノサローネ(ミラノ、イタリア)
    「アトリエ・ワン:マイクロ・パブリック・スペース」広島市現代美術館(広島)*
    2013 「アトリエ・ワン ウッツォンから学ぶ」ウッツォン・センター(オールボー、デンマーク)*
    「アトリエ・ワン展」スイス連邦工科大学メインホールチューリヒ校(チューリヒ、スイス)*
    2011 《リンツ・スーパー・ブランチ》「Höhenrausch(高所熱狂症)展2」OK現代美術センター(リンツ、オーストリア)
    2008 《ファーニビークル》第11回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展(ヴェネツィア、イタリア)
    2007 第10回イスタンブール・ビエンナーレ (イスタンブール、トルコ)
    「アトリエ・ワン いきいきとした空間の実践 グローカル・デタッチド・ハウスとマイクロ・パブリック・スペース」TOTOギャラリー・間(東京)*
    2006 《モンキー・ウェイ》第27回サンパウロ・ビエンナーレ(サンパウロ、ブラジル)/《スクール・ホイール》釜山ビエンナーレ2006(釜山、韓国)
    2003 《ホワイト・リムジン・屋台》第2回越後妻有アートトリエンナーレ(新潟)
    2002 《ファーニサイクル》第4回上海ビエンナーレ(上海、中国)《マンガ・ポッド》第4回光州ビエンナーレ(光州、韓国)

  • 徐冰(シュ・ビン)Xu Bing

    1955年、中国・重慶生まれ。1987年に中央美術学院(北京)にて芸術学修士号を取得。中央美術学院教授。北京およびニューヨーク在住。

    主な展覧会
    2014 「徐冰 回顧展」台北市立美術館(台北、台湾)*
    2013 「不思議の国への旅」ジョン・マデイスキー・ガーデン、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(ロンドン、イギリス)*/「徐冰 不死鳥」マサチューセッツ現代美術館(マサチューセッツ、アメリカ)*/「九つの死、二つの生 徐冰の不死鳥プロジェクト」スミソニアン協会
    アーサー・M・サックラー美術館(ワシントンDC、アメリカ)*
    2011 「バックグラウンド・ストーリー7」大英博物館(ロンドン、イギリス)*
    2007 「自動更新」ニューヨーク近代美術館(ニューヨーク、アメリカ)/「『天書』から『地書』へ 徐冰の書の作品」カンザス大学スペンサー美術館(カンザス、アメリカ)*
    2006 「筆とインク 中国の書道」メトロポリタン美術館(ニューヨーク、アメリカ)
    2005 「秘すれば花 東アジアの現代美術」森美術館(東京)
    2003 「サイバー・アジア メディア・アートの近未来形」広島市現代美術館(広島)
    2003 「徐冰」福岡アジア美術館(福岡)*
    2000 「徐冰 天書&書法教室」プラハ国立美術館(プラハ、チェコ)*
    1998 「徐冰 新英文書法入門」ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート(ニューヨーク、アメリカ)*
    1997 第2回ヨハネスブルク・ビエンナーレ(ヨハネスブルク、南アフリカ)/「書法教室」ピラール・アンド・ジョアン・ミロ財団(マヨルカ島、スペイン)*
    1993 第45回ヴェネツィア・ビエンナーレ(ヴェネツィア、イタリア)

  • ロジェ・カイヨワ Roger Caillois

    1913年、ランス生まれ。フランスの作家、批評家、社会学者。1936年、エコール・ノルマル・シュペリウール卒業(宗教学専攻)。学生時代からシュルレアリスム運動に参加するも数年で訣別。1938年、ジョルジュ・バタイユやミシェル・レリスとともに「社会学研究会(Collège de Sociologie)」を結成。1939年、文化使節としてアルゼンチンへ渡り、フランス会館の創設などに携わる。1948年よりユネスコに勤務し、ユネスコの国際哲学・人文科学雑誌「ディオゲネス」を刊行。1971年、アカデミー・フランセーズ会員。その著作は、詩から鉱物学、美学、神学、民俗学と多岐にわたる。1978年没。

    主な著作
    『神話と人間』(1938年)
    『人間と聖なるもの』(1939年)
    『文学の思い上り:その社会的責任』(1948年)
    『聖なるものの社会学』(1951年)
    『夢の現象学』(1956年)
    『詩法』(1958年)
    『遊びと人間』(1958年)
    『メドゥーサと仲間たち』(1960年)
    『物語ポンス・ピラト』(1961年)
    『自然と美学』(1962年)
    『戦争論―われわれの内にひそむ女神ベローナ』(1963年)
    『斜線̶̶方法としての対角線の科学』(1967年)
    『石が書く』(1970年)

  • カールステン・ニコライ Carsten Nicolai

    1965年、ドイツ・カールマルクスシュタット生まれ。アーティストであり、ミュージシャンでもあるニコライは、ヴィジュアル・アートと電子サウンドを融合し、自然科学やその構造に着眼した作品で知られる。ベルリンおよびケムニッツ在住。

    主な展覧会
    2013 「unidisplay/uni(psycho)acoustic」フランクフルト現代美術館(フランクフルト、ドイツ)*/「サウンディングズ 現代の楽譜」ニューヨーク近代美術館(ニューヨーク、アメリカ)
    2012 「アートと音楽―新たな共感覚をもとめて」東京都現代美術館(東京)
    2011 「pionier」CAC(ヴィリニュス、リトアニア)*、ギャラリーEIGEN + ART(ライプツィヒ、ドイツ)*、ザ・ペース・ギャラリー(ニューヨーク、アメリカ)*/「OUR MAGIC HOUR」横浜トリエンナーレ2011(神奈川、日本)
    2010 「カールステン・ニコライ + マルコ・ペリハン 新作インスタレーション “polarm[ポーラーエム]”」山口情報芸術センター(山口)*
    2009 「万華鏡の視覚」森美術館(東京)
    2007 「static fades」ハウス・コンストラクティフ美術館(チューリヒ、スイス)*
    2005 「anti reflex」シルン美術館(フランクフルト、ドイツ)*/「syn chron」新国立美術館(ベルリン、ドイツ)*
    2003 第50回ヴェネツィア・ビエンナーレ(ヴェネツィア、イタリア)
    2002 「平行線は無限のかなたで交わる」ワタリウム美術館(東京)*
    2001 第49回ヴェネツィア・ビエンナーレ(ヴェネツィア、イタリア)
    2000 「ヴォリューム:ベッド・オブ・サウンド」MoMA PS1(ニューヨーク、アメリカ)
    1997 ドクメンタ10(カッセル、ドイツ)

    主な受賞
    2014 第17回文化庁メディア芸術祭大賞(アート部門)(東京)

  • 髙田安規子・政子 Akiko & Masako Takada

    1978年、東京生まれ。2005年、ロンドン大学スレード校美術学部修士課程修了。東京在住。

    主な展覧会
    2015 「春を待ちながら」十和田市現代美術館(青森)/「燕子花と紅白梅 光琳アート 光琳と現代美術」MOA美術館(静岡)
    2014 「タグチ・アートコレクションたぐ展☆TAG-TEN」松本市美術館(長野)/「MOTアニュアル2014 フラグメント――未完のはじまり」東京都現代美術館(東京)
    2013 「セカイがハンテンし、テイク」川崎市市民ミュージアム(神奈川)
    2012 「Seen with other eyes, drawings in the Sanders Collection」/テイラーズ博物館(ハーレム、オランダ)
    2011 「Magic Carpet」ラディウムーレントゲンヴェルケ(東京)*
    2010 「Bigminis」ボルドー現代美術館(ボルドー、フランス)/「岡村多佳夫企画27 髙田安規子・政子展」アユミギャラリー(東京)*/「クリテリオム78」水戸芸術館現代美術ギャラリー第9室(茨城)*
    2009 「世田谷区芸術アワード“飛翔”受賞記念髙田安規子・政子展」世田谷美術館(東京)*
    2008 「The Little Land」Metis NL(アムステルダム、オランダ)*
    2007 「The perfect real」グラスゴー現代アートセンター(グラスゴー、イギリス)
    2006 「Bloomberg New Contemporaries 2006」リバプール・ビエンナーレ(リバプール、イギリス)、ロッチェルスクール(ロンドン、イギリス)
    2005 「The Wonderful Collection」マラケシュ美術館(マラケシュ、モロッコ)

  • イグナシオ・ウリアルテ Ignacio Uriarte

    1972年、ドイツ・クレーフェルト生まれ。マドリードとマンハイムで経営学を学び、シーメンス、キヤノン、インタールブ、アジレント・テクノロジーなどの企業で働いた後、アーティストとして活動を始める。自ら「オフィス・アート」と呼ぶ作品を制作する。ベルリン在住。

    主な展覧会
    2014 「イグナシオ・ウリアルテ」ホワイト・スペース(北京、中国)*/「Unos y Ceros(イチとゼロ)」MARCO ビーゴ現代美術館(ビーゴ、スペイン)*/「8時間数えろ」ベルリーニッシェ・ギャラリー(ベルリン、ドイツ)*/「ドローイングを書く」フィゲ・フォン・ローゼン・ギャラリー(ケルン、ドイツ)*
    2013 「確たる事実」ノゲラス・ブランチャード・ギャラリー(バルセロナ、スペイン)*/「生産的非効率」スクチ・ギャラリー(リュブリャナ、スロベニア)*/「バイナリーズ」ユタ現代美術館(ソルトレーククシティ、アメリカ)*/「ライン・オブ・ワーク」ザ・ドローイング・センター(ニューヨーク、アメリカ)*
    2012 「WORKS」ラ・パネラ・アートセンター(レリダ、スペイン)*
    2011 「できれば避けたい」カーサ・デル・ラーゴ(メキシコシティ、メキシコ)*
    2010 「イグナシオ・ウリアルテ」i8 ギャラリー(レイキャビク、アイスランド)*/「手紙の発明」パース現代美術館(パース、オーストラリア)*
    2009 「マイケル・ウィンスローのタイプライター体験」アートバーゼル・マイアミ・ビーチ・アートポジションズ(マイアミ、アメリカ)*/「ウィルフレード・プリエト&イグナシオ・ウリアルテ 『I Am Making Art』」タカ・イシイギャラリー(東京および京都)

    主なワークショップ
    2010 「落書き―落書きの耐えがたい軽さ」市立図書館開催の落書きセミナー(アルンスベルク、ドイツ)
    2007 市の文化・スポーツ課職員のための線についてのセミナー(タラサ、スペイン)
    2005 公立図書館職員のためのオフィス・アート・ワークショップ(スキバリーン、アイルランド)

  • 鯨津朝子 Asako Tokitsu

    1965年、東京生まれ。1991年、多摩美術大学大学院美術研究科修士課程修了。ベルリン在住。

    主な展覧会
    2009 「応挙館で美術体験」東京国立博物館(美術鑑賞教育プログラム)(東京)*
    2004 「Paintiment」SKCギャラリー(ベオグラード、セルビア)*、Golden Eyeギャラリー(ノヴィサド、セルビア)*、巷房(東京)*/「アート・スコープ 2004 ダイムラー・ジャパン」ダイムラー・コンテンポラリー・ベルリン(ベルリン、ドイツ)/「Out of space―続いてゆく線」横浜赤レンガ倉庫1号館(神奈川)*
    2003 「『アート・スコープ』の12年――アーティスト・イン・レジデンスを読み解く」原美術館(東京)/「まどわしの空間――遠近法をめぐる現代の15相」うらわ美術館(埼玉)
    2001 アルベール・シャノ現代美術センター(クラマール、フランス)*
    2000 「Work in Progress」パリ国際芸術都市(パリ、フランス)*
    1998 「風の回廊――corridor in the wind」ギャラリー日鉱(東京)*
    1997 「ダイムラー・ベンツ・グループ アート・スコープ ‘97 /ガスコーニュ・ジャパニーズ・アート・スカラシップ」アジャン美術館(アジャン、フランス)*、スパイラルガーデン(東京)*
    1996 「Art Scenes 1990-96」水戸芸術館(茨城)/「軌跡」工房 “親”(東京)*/「次元間の飛沫」ギャラリーαM(東京)*/「旋回する表象」斎藤記念川口現代美術館(埼玉)*

    主なサイト・スペシフィック・アート・プロジェクト
    2013 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社本社コミュニケーション・スペース インスタレーション作品制作(東京)
    2002 横浜にぎわい座 公共施設の劇場前ロビー空間に恒久設置(神奈川)

  • ニエル・トロニ Niele Toroni

    1937年、スイス、ロカルノ州ムラルト生まれ。1966年より、50番の絵筆を使い、30cm間隔で筆跡を残していく『仕事―絵画(Travail-Peinture)』という手法で作品を制作し続ける。パリ在住。

    主な展覧会
    2012 「ニエル・トロニ展」ヴィッラ・ピザーニ・ボネッティ(ヴィチェンツァ、イタリア)*
    2011 「絵画の無規律 1960年代から現代までの国際抽象画」テート・セント・アイヴズ(コーンウォール、イギリス)
    2008 「カラー・チャート 色の再創造 1950年から現代まで」ニューヨーク近代美術館(ニューヨーク、アメリカ)
    2002 「ニエル・トロニ展」クールハウス・クレーヴェ美術館(クレーヴェ、ドイツ)*
    2001 「絵画の歴史」ARC/パリ市立近代美術館(パリ、フランス)*
    1997 光州ビエンナーレ(光州、韓国)
    1994 「ニエル・トロニ・インターヴェンションズ」アムステルダム市立美術館(アムステルダム、オランダ)*
    1992 「ニエーレ・トローニ展」山口県立美術館(山口、日本)*/ドクメンタ9(カッセル、ドイツ)/「ニエル・トロニ」鎌倉画廊(東京、日本)*
    1991 「ニエル・トロニ」ポンピドゥー・センター国立近代美術館(MNAM)(パリ、フランス)*
    1989 マリアン・グッドマン・ギャラリー(ニューヨーク、アメリカ)
    1983 「Lasciatemi Divertire」ル・コワン・デュ・ミロワール(ディジョン、フランス)*
    1976 「インターナショナル・イベント72―76」ヴェネツィア・ビエンナーレ(ヴェネツィア、イタリア)
    1975 「50番の絵筆を等間隔(30cm)に置いた筆跡」パレ・デ・ボザール(ブリュッセル、ベルギー)*
    1967 ARC/パリ市立近代美術館(パリ、フランス)

    主な受賞
    2012 メレット・オッペンハイム賞(スイス連邦文化局)
    2003 ヴォルフガング・ハーン賞、ルートヴィヒ美術館(ケルン、ドイツ)
    2001 パリ市ヴェルメイユ・メダル(フランス)

※展覧会の日本語タイトルは参考表記としての仮題です。

 

写真クレジット:
Atelier Bow-Wow アトリエ・ワン《マンガ・ポッド》2002
Xu Bing シュ・ビン 《バックグラウンド・ストーリー(西山 秋の景色)》2014 / Installation view at Tokyo Gallery + BTAP
Roger Caillois ロジェ・カイヨワ 《ラグーン》瑪瑙 -フランス国立自然史博物館蔵 ロジェ・カイヨワ・ストーン・コレクションより- / From the stone collection of Roger Caillois © Muséum national d’Histoire naturelle – François Farges
Carsten Nicolai カールステン・ニコライ《グリッド・インデックス gi-ntp-005》2011 / Courtesy of Galerie EIGEN + ART Leipzig/Berlin and The Pace Gallery/ JASPAR, Tokyo, 2015 E1509
Akiko & Masako Takada 髙田安規子・政子《庭園迷路》2009
Ignacio Uriarte イグナシオ・ウリアルテ《累積時計》2006 © VG BILD-KUNST, Bonn & JASPAR, Tokyo, 2015 E1509
Asako Tokitsu 鯨津朝子《seventeen lines》2013 / Installation view at Culture Convenience Club / Head Office(Photo: 早川宏一)
Niele Toroni ニエル・トロニ 《ランボーへのオマージュ》2003 / Courtesy the Artist and Marian Goodman Gallery

 

開館時間 Opening Hours

月~土 11:00~20:00(入場は19:30まで)
日   11:00~19:00(入場は18:30まで)

 

基本情報 Information

会期
2015年4月24日(金)~7月5日(日)
休館日: エルメス銀座店の営業日に準ずる。 ※9月18日(金)休館
入場料:無料
会場: 銀座メゾンエルメス フォーラム(東京都中央区銀座5‐4‐1 8階 TEL: 03-3569-3300)
主催: エルメス財団
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

関連企画

会期
2015年4月25日(土)~7月5日(日)
会場: 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
主催: 森美術館、ポンピドゥー・センター・メス
特別共催: エルメス財団