「L_B_S」名和晃平展 | エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Forum

「L_B_S」名和晃平展
L_B_S by Kohei Nawa

2009.6.19(金)~9.23(水)

先鋭的な彫刻表現、インスタレーションで知られる作家、名和晃平の新作による展覧会です。
名和晃平(1975年生)は、2000年に初めて作品を発表して以来、思わず手を触れたくなるような迫り来る素材感と、その完成された造形美で国内及び海外での活動も注目されています。2005年にはメゾンエルメスのウィンドウディスプレイをデザインしています。

名和の作品を語るにあたって、重要な概念は「表皮」と「セル(細胞)」です。代表作 「PixCell-…(ピクセル)」シリーズでは、動物の剥製、スニーカー、楽器、玩具、果物のレプリカといったオブジェクトの「表皮」をそれまでとは異なるフェーズ(様相)へと変容させます。無数の透明なガラスビーズの膜は、作品と見る者の間に立ちはだかる新たな界面です。また、それは本来のオブジェクトの質感やリアリティーを透過する「セル」として、我々の身体にすり込まれた手触りの記憶や、そのオブジェクトに対する視覚の既成概念をも狂わせます。 
今回の展覧会で名和は、今まで取り込んできたマテリアル(物質/素材)をさらに大規模に生成させます。タイトルが示唆する、リキッド(LIQUID)、ビーズ(BEADS)、スカム(SCUM)は、どれも「表皮」を変容させる「セル」であると同時に、3つのフェーズを映し出す段階でもあります。リキッドは「セル」が液状の母体から沸々と生まれ出る過程であり、生成した「セル」がオブジェクトの表面に付着し媒介するのがビーズ。ビーズによる媒介がリミットを超えたとき、「セル」の残滓の塊はスカムへと膨張をはじめます。それぞれのマテリアルが独自の代謝を繰り返しながら作品の界面となり、さらに名和の卓越した造形感覚によって圧倒的な美しさを与えられるのです。
ひたすら脳だけを経由する情報の海のなかで溺れ、日に日に麻痺していく身体感覚。名和の作品は、我々を覆う皮膜を自覚させるところから始まり、網膜(視覚)や皮膚(触覚)といった生の皮膜を激しく揺さぶります。それは、実際にフィジカルな手作業でマテリアルに立ち向かう、名和の造形に対する身体感覚が注がれた、感覚を喚起する装置とも言えるでしょう。

アーティストプロフィール Artist Profile

名和晃平 Kohei Nawa

1975年生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程彫刻専攻修了。京都を拠点に活動。
 

開館時間 Opening Hours

月~土 11:00~20:00(最終入場は19:30まで)
日   11:00~19:00(最終入場は18:30まで)

基本情報 Information

会期
2009年6月19日(金)~9月23日(水)
休館日: エルメス銀座店の営業日に準ずる
入場料:無料
会場: 銀座メゾンエルメス フォーラム(東京都中央区銀座5‐4‐1 8階 TEL: 03-3569-3300)
素材協力: 信越化学工業株式会社
Special thanks to: 京都造形芸術大学 ULTRA x KNA PROJECT 一期生・二期生/李仁孝/創広