「レフトオーバーズ」N. S. ハーシャ展 | エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Forum

「レフトオーバーズ」N. S. ハーシャ展
Leftovers by N. S. Harsha

2008.6.11(水)~9.15(月)

多様な文化や言語、民族をかかえるインドに生まれ、今も故郷を拠点に活動するアーティスト、N.S.ハーシャによる展覧会です。

N.S. ハーシャは1969 年インド生まれ。故郷である南インドのマイソールを拠点としながら、国際的に活躍するアーティストです。絵画を出発点として、彼の表現はインスタレーションから美術館やギャラリーを離れて展開するサイト・スペシフィックな作品にまで及びます。
10 年ほど前から、ハーシャは食と人との関係に着目しはじめました。なかでも彼の故郷である南インド特有の、バナナの葉の上に色とりどりに盛られるワンプレートの定食「ミールス」、これを無数の人々が食べていく様子に注目します。同じように盛られる葉皿の食事も、食後の葉の上は個々に全く違っていて、まるでその人の人となりを示す抜け殻(Leftovers)のようです。

本展覧会では、ハーシャはその興味の具現化として、多くの人々が集って食事をしたあとの光景を再現しました。会場に残された無数の葉皿と席には、そこにいたであろう個々人のもつ多様な文化・生活の背景が見え隠れします。ハーシャは日本の街で目にした食品サンプルに触発され、食文化の一部として機能しているこの技術に興味を持ちました。食品サンプルを使って南インドの日常的な食事を再現することは、二つの文化の接触をもたらす結果となります。
群集と個人、文化と嗜好、全体と細部、類似と差異――群集が去った後の食後の会場と個々のバナナの葉は、異なる色とりどりの文化、言語、民族を孕んで全体となるインドそのもののようです。

アーティストプロフィール Artist Profile

N. S. ハーシャ N. S. Harsha

1969年、インド生まれ。インド・マイソール在住。
 

開館時間 Opening Hours

月~土 11:00~20:00(最終入場は19:30まで)
日   11:00~19:00(最終入場は18:30まで)

基本情報 Information

会期
2008年6月11日(水)~9月15日(月)
休館日: エルメス銀座店の営業日に準ずる
入場料:無料
会場: 銀座メゾンエルメス フォーラム(東京都中央区銀座5‐4‐1 8階 TEL: 03-3569-3300)
アドバイザー: ディーパック・アナンス