「オーバーラップ ―16台のモニターのためのプロジェクト―」イネス・ロンバルディ展 | エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Forum

「オーバーラップ ―16台のモニターのためのプロジェクト―」イネス・ロンバルディ展
Overlapping Matters by Inés Lombardi

2005.6.2(木)~8.21(日)

銀座メゾンエルメス フォーラムでは、ウィーン在住のブラジル人アーティスト、イネス・ロンバルディによる「Overlapping Matters/オーバーラップ ―16台のモニターのためのプロジェクト―」を開催いたします。2004年、ロンバルディは自らボートに乗って大河ドナウを下る壮大な旅物語を記録した作品「GIVEN」を発表。今回は、その「GIVEN」の水が奏でる果てなき表現を、フォーラムのための新たなヴィデオ・インスタレーションとして制作・発表します。
川は地理的、政治的、社会的、哲学的に様々な意味を伴いながら、歴史を超えて流れつづけてきました。あるときは「文明や文化の始まり、生命、生活の起源」として、また「何かを分断するもののメタファー、境界線」として。そして「流れつづける存在、風景の一部としての川だけでなく、周辺の風景も映し込む存在、また海に流れ込む存在」として。

イネス・ロンバルディは、80年代より写真を使った作品を発表し、水や旅をテーマとしたものの中では、これまでアマゾンやヴェニスなどを取り上げてきました。
今回のヴィデオ・インスタレーションは、16台のモニターによるドナウのドキュメンタリーですが、その作品は「ドキュメンタリー」という言葉から私たちが想像するものとは程遠い印象を与えるでしょう。
川の流れは絶え間なく、そして果てしなく同じ光景が営まれるような錯覚に陥りがちですが、そこに流れる水は一瞬たりとも同じではないのです。限りなく抽象的で常に変化しつづける水面は、作家の身体的かつ時間的・空間的な移動を内在しながら、外部の出来事を映しこんでゆきます。遥かな水平線、夕暮れの雲、水の音、夜の光…。そのストイックに殺ぎ落とされた映像は、人間(他者)の存在、過去とも現実とも限定できない時の流れ、そこに何かのシンボルを読み取ろうとする潜在的心理など、重層的な思惟を伴いながら、モニターの個々の映像にオーバーラップしてゆくこととなるでしょう。

アーティストメッセージ

Given - オーバーラップする出来事の間に在ること

はじめてこの展示空間に来たとき、記憶の中にだけ存在しているどこにもない風景を作り出そうと考えた。

想像された世界と現実をつなぎ、音、映像、空間での体験が一体化するような作品を形にしたい。

この場所の建築的特性や光は作品が立ち現れる環境を作り出す。環境は作品と影響しあい、変化をもたらす。また反対に作品は環境をも変え得るのだ。

インスタレーションは、空間を音や静寂で満たし、反射や光の変化の強弱を包括しながら建築と一体化してゆく。と同時に、フレームによって切り取られた映像による新たな風景も作り出している。

この作品の素材は、私の実体験に基づくものである。ロッテルダムから黒海へ、西ヨーロッパから東ヨーロッパへの旅の中で、私はひとりの旅行者であり、かつ傍観者であった。旅での社会地理学的な状況がここではひとつの認識可能なレイヤー(層)として機能する。

作品の中の旅、それは「動き続けてゆく(身体的にも精神的にも)」状況下における抽象的で心理的なアプローチである。

それぞれのヴィデオは、異なる方向に互いに流れ込んでゆく2つのパーツから構成されている。意識と無意識(内部と外部空間)との間、その移り変わりは相互に連結している。いずれのパーツも川、旅、動き続けてゆくことを意味しているのである。

モノクロのパートは想像された世界、無意識、夢、歓喜と関連している。目は観察し、思考は夢の旅へ潜り込む。それが内的空間。

16台のモニターに流れる一連の画面(シークエンス)は、それぞれ数秒の時差をもって映し出される。そのため、ひと目で全体の映像を見ることができるのだ。

カラーのパートでは、シークエンスはそれぞれのモニターで異なっている。あるものはリピートし、またあるものは時を越えた時間が流れてゆく。これは、意識、現実を表している。それが外的空間。

音。これは音楽作品としてではなく、カノンとして構成され、それぞれの場面に呼応している。

時の一時停止、繰り返し、相互作用、変化は、毎日スタートボタンによって始まるこの旅の必要不可欠な要素だ。そして旅とは頭の中で思考されたものに過ぎない、例えあなたがそれに気づかなかったとしても。さあ、あなたはこの旅とどのように向き合い、あなた自身の旅を作り出すのだろうか。

イネス・ロンバルディ
2005年6月2日

 

アーティストプロフィール Artist Profile

イネス・ロンバルディ Inés Lombardi

1958年、ブラジル・サンパウロ生まれ。オーストリア・ウィーン在住。
 

開館時間 Opening Hours

月~土 11:00~20:00(最終入場は19:30まで)
日   11:00~19:00(最終入場は18:30まで)

基本情報 Information

会期
2005年6月2日(木)~8月21日(日)
休館日: エルメス銀座店の営業日に準ずる
入場料:無料
会場: 銀座メゾンエルメス フォーラム(東京都中央区銀座5‐4‐1 8階 TEL: 03-3569-3300)