「手の好き間」須田悦弘+中村哲也展 | エルメス - Hermes

GINZA MAISON HERMÈS

Le Forum

「手の好き間」須田悦弘+中村哲也展
Un monde à travers la main by Yoshihiro Suda and Tetsuya Nakamura

2002.4.20(土)~6.23(日)

本展覧会では「手」を主題として、日本の若手現代美術作家の中でも自らの手による仕事にこだわり人間の手が創りだすものの可能性を広げる、須田悦弘と中村哲也の作品を取り上げます。

須田の創りだす実物大の草花は、一見本物と見間違うほどの精緻な木彫ですが、しかしそれはそのもの自体の再現ではなく、須田のイメージする形状・色彩の表現であり、また、多少残される自ら彫った形跡は、自我や自己を作品へと投射した痕跡と言えます。須田の作品はそれ単体で成り立つのではなく、周囲の空間を含めてのインスタレーションという形で完成し、鑑賞者に自らもその作品の一部となって空間を経験させるものです。

「最速の形態」を追求し改造を重ねてきた中村の最近作『レプリカ・シリーズ』。中村のイメージする最速のかたちは、ジェット機とスーパーカーがミックスされたような流線形。原型制作から、FRP成型、塗装など、一連の作業はすべて中村の手を介していながら、その到達点は一切の「手の跡」を消去することにあります。リアルに世界最速で疾走しそうな中村の作品は、工業製品のような無表情さで存在感を放ちながら、見事なまでに磨きこまれたその表面に、観る人は人間にしか成し得ない高度な手業とその可能性を感じずにはおれないのです。

ともに自らの手で一からつくりながらも表現方法は全く異なるふたりを組み合わせ、逆説的な手法での展示構成を試みます。両者の作品は、自分の手で磨き上げ完成する造形の美しさやその可能性を観る者に例示し、「好き」=数寄という妥協のない美意識の元に生まれた空間の「間」へ、フランス語のタイトルが示す「手の夢見た世界」に誘ってくれるのです。

アーティストプロフィール Artist Profile

須田悦弘 Yoshihiro Suda

1969年山梨県生まれ。多摩美術大学卒業後、グラフィックデザイン事務所に1年間勤務。退職後、自主運営のギャラリーでの個展開催を決意。93年銀座の路上パーキングを活用し、リヤカータイプのギャラリーブースを設置し、一般公開する。翌年も銀座の駐車場でギャラリーブースを設置・公開。このときは二畳半の茶室ほどの空間で、作品素材として利用しているホウの木の葉と実の作品を展示、内装を金箔貼りにする。94年中村哲也や中山ダイスケらとスタジオ食堂を設立。97年ベルリン(個展)とニューヨーク(グループ展)に初めて海外出品。以後、台北ビエンナーレ、シドニー・ビエンナーレを始めとする国際的な現代美術展に参加。2002年には群馬県立近代美術館での個展、福岡トリエンナーレ、千葉市美術館、山梨県立美術館でのグループ展などへ参加予定。

中村哲也 Tetsuya Nakamura

1968年千葉県生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科漆芸専攻修了。93年昆虫を使った初の個展を開催。生活の中で忘れられた存在である剥製やトロフィなどを新たに彩色して展示することでその存在の価値を再認識させる。94年、スタジオ食堂を5人のアーティストとともに立ち上げる。97年の「アートシーン90-96:浮くかたち」展(水戸芸術館)では表面を螺鈿で覆い尽くした巨大な馬の全身像を制作。螺鈿の作品をいくつか発表する中で、伝統工芸の素材や技術を再考するようになる。以後98年より疾走感を具現化した「世界最速」の形状をもつ乗り物の「レプリカ」シリーズをスタート。現在までその最速記録は塗り替えられ、バージョン・アップを繰り返している。2002年にはサントリー・ミュージアム[天保山]でのグループ展「ドラえもん・アートプロジェクト2112」参加予定。

 

開館時間 Opening Hours

月~土 11:00~20:00(最終入場は19:30まで)
日   11:00~19:00(最終入場は18:30まで)

基本情報 Information

会期
2002年4月20日(土)~6月23日(日)
休館日: エルメス銀座店の営業日に準ずる
入場料:無料
会場: 銀座メゾンエルメス フォーラム(東京都中央区銀座5‐4‐1 8階 TEL: 03-3569-3300)
企画協力: 児島やよい