製紋職人:テキスタイルづくりの立役者

エルメスをつくる人々

製紋職人:テキスタイルづくりの立役者

ジョゼット・ゴノー(Josette Gonnot)のハンドバッグの中には、さまざまな仕事道具に紛れて、「縞見ルーペ」と呼ばれる特別なルーペが眠っています。ジェノヴァのベルベットや上質なジャカード織に、いつ何時、めぐり逢っても良いように。その出会いに備えてお守りのように持ち歩いているこのルーペを使えば、織物の持つ神秘の世界をのぞくことができます。ゴノーはエルメスの製紋職人として、織物を間近で見つめ続けてきました。その仕事ぶりはまるで、わずかな手がかりを探す凄腕の探偵のよう。一本一本のヒントを辿り織物を読み解くゴノーは、言うなれば、エルメスのテキスタイルを司る紡ぎ人です。
この仕事はもともと、リヨンの絹織物業者だけに許された仕事でした。製紋職人は、織物の性質を知り尽くしている専門家。モチーフや模様を描くために経糸と緯糸をどう交わらせるとよいかを計算し、織物職人のために意匠図と呼ばれる設計図を作成します。ジョゼット・ゴノー(Josette Gonnot)は現在フランスに残る、古来の技法を受け継ぐ数少ない製紋職人のひとりです。
ゴノーは1984年、のちにエルメスの傘下となるテキスタイルの会社、ビュコル社に見習いとして入社します。リヨンの繊維産業高等専門学校を卒業したばかりの、若い職人でした。しかし10年も経たないうちに、テキスタイル業界に大きな変化が訪れます。変化の中で生き残るために、各社は製作工程にソフトウェアを導入するようになりました。テキスタイルのデザインに応じて経糸と緯糸の配色や並びを指定する意匠図を作成する際にも、ソフトウェアが使われるようになりました。ところが、「少し複雑で高度なことをしようとすると、ソフトウェアでは処理できなくなってしまうのです」とゴノーは説明します。そこで発揮されるのが、彼女の経験と技術です。複雑な織物のデザインをコンピューターが読み解けるようにサポートするのです。
製紋職人として腕を磨く最も良い方法は、できるだけたくさんの織物を見て分析することだといいます。ゴノーは縞見ルーペを手に、たとえどんなに古い生地だったとしても、構造を読み解けるまで織物を眺め続けます。そしてそれを、現代の技術を使って「通訳」するのです。今は失われた楽器のために書かれた曲を、別の楽器で演奏するかのように。この希少な専門知識に対し、フランス文化相よりゴノーに芸術文化勲章が授与されました。以来、正装を必要とする特別な日には、この勲章が彼女の胸元を飾ります。

 

こちらもご覧ください

 
 
 
  • 《カルミ》
     高度な職人技で引き出される竹の美しさ

    日本においては、風景や日々の暮らしの至るところに竹が使われてきました。
     名匠、戸沢忠蔵による創意工夫により誕生したのが、竹を用いた洗練されたフォルムを持つベンチとスツール、《カルミ》です。
  • モデルとなるトレーニング施設、フィティリューのアトリエ

    このアトリエは、サヴォワ=ドフィネの拠点で働く皮革職人を対象に新設されました。障がいを抱えた研修生をより多く受け入れることができる点が革新的です。
  • 価値観と職人技の継承:皮革の学校

    エルメスの革製品製造の発展を支えてきたのは、共同研修プログラムです。このプログラムは、さまざまな経歴を持つ職人と、フランスの各地で働く皮革職人との間に絆を生み出します。

エルメスの足跡

  • Les femmes et les hommes

    エルメスの男女合わせて1万15417人の従業員のうち、最も多いのは職人で、その数は5200人にのぼります。人が核となる手仕事の世界には、変化がつきものです。職業訓練を行い、技術を伝承し、成長を促し、健やかで幸せな生活を守り、絆を築く……。 エルメスはこうしたアプローチを通して、エルメスで働くすべての人それぞれの自己実現をサポートすることを目指しています。
  • The Planet

    エルメスは、約20の製品部門において、自然がもたらしてくれるこの上ない素材を、いっそう美しく輝かせるよう努めています。エルメスの職人による手仕事には、レザーやシルク、織物、木材、クリスタル、貴金属といった素材への敬意が絶えず込められています。
    貴重な資源を守り、最適な用途を考え、再び価値を与え、形作る……。私たちには、こうした資源を持続可能な形で使うという義務があります。
  • The communities

    エルメスは世界に55の生産拠点を有し、そのうち43カ所はフランス国内にあります。また、世界各地に300以上の店舗を展開しており、それぞれの地域において、サプライヤーやパートナー、地域との密接な関係を築いています。暮らしを豊かにし、協調し、革新をもたらし、積極的に取り組むこと。地域に根ざした企業として、持続可能な絆を築いていくこと、それが私たちの役割なのです。