エルメス、イノベーションのメゾン

エルメス、イノベーションのメゾン

イノベーションの原点は、想像力の扉を解き放つことにあります。伝統を重んじながら、あくなきエネルギーを持って、自らの創造性の限界に挑む姿勢が求められます。
エルメスにとってイノベーションとは、メゾンの哲学に忠実に、動き続けることによってこそ生まれるものと言えるでしょう。
デザイナーや職人たちの、素材や技、ディテールへのこだわりは、何よりイノベーションを起こすためのもの。
イノベーションのはじまりです。

素材のイノベーション

素材は、職人の手によってフォルムや手触りへと姿を変え、ひとたびお客様の手に渡れば、その方の感覚を呼び覚まします。
素材選びには、厳格な判断が求められます。職人の確かな手と目が認める卓抜した品質の素材があってこそ、職人の手によるイノベーションは知覚できる体験へと生まれ変わるのです。

オーバーダイ染めのシルクカレによるパッチワークを施した3つボタンのメンズシャツジャケット。
ブレスレット《コリエ・ド・シアン》と《エヴリン》が、カラフルなアルマイト加工を施したアルミニウム製になりました。オレンジ・トロピカル、ジョーヌ・ソレイユ、ブルー・エジェ、ルージュHのカラーに彩られ、H型のパンチングやピラミッド型のスタッズが施されています。

 

ノウハウのイノベーション

メゾンが大切に守ってきた職人技やプロセスは、時を経てエルメス独自のノウハウとなり、現在まで受け継がれてきました。
新しい技を見出し、試行錯誤を経てイノベーションが起こり、アイコニックなオブジェが生まれるのです。

長年の研究により新しいノウハウがシルクの上に誕生しました。1枚のシルクに同じモチーフを異なる色や技法で両面プリントすることが可能になりました。ピンク色のカレ90 《Wow》には、モチーフが両面にプリントされ、2枚のカレが一枚に!
24時間を超える手作業が施された、ヴォー・バレニア製のトートバッグ《シェーヌ・ダンクル》。レザーピースはすべて、一枚のレザーから製作されています。
メンズのカレ90《セ・ラ・フェット》も、両面にモチーフが配されたリバーシブルのカレです。

 

ディテールのイノベーション

素材を引き立て、シルエットを決定づけるのは、こだわり抜かれたディテール。ディテールの一つひとつにイノベーションが存在します。
エルメスにおけるすべてのディテールには、意味があるのです。

プラストロンが付いた、両面シルクニット製オープンバックのトップには、パラジウム仕上げのメタル製トリプルバーバックルのディテールがあしらわれています。
バブルガムピンクに彩られたテクニカルコットンギャバジン製ストレートカットのジャケットには、アクセントにジグザグのステッチが。