エルメス・オン・ステージ

エルメス・オン・ステージ 

リハーサル編

盗まれた絵、演出家、5人の容疑者、手がかりはいくつかのアクセサリー。

絵を盗んだのは誰?

物語の中では、登場人物の証言を注意深く聞いて、真実を突き止めてください。ごまかされないように。彼らが身に着けるアイテムも重要な手がかりです。そもそもこれは現実?それとも舞台上の…?

  • 容疑者 No.1:
    レディ

    芸術的なセンスをまとう「レディ」は、正真正銘のアートコレクター。彼女のディテールへのこだわりは、頭の上の帽子から手袋の指先まで、見事な徹底ぶり。成り行きに任せることは大嫌い。ある人に言わせれば、彼女は自分自身が一つのアート作品だと自認しているよう。
    彼女にとって人生最良の日がいつかと言うなら、彼女があの絵を手に入れた日でした。それが盗まれた今、彼女にとっては世界の終わりも同然です。彼女、一件、無実のようですが、果たして…

  • 容疑者 No.2:
    冒険家

    相棒のベルトを付けて、冒険家は宝物を求めて世界を駆け巡ります。海に立ち向かい、大陸をまたぎ、楽々と山々を超える彼にも、まだなお追い求める重要な任務が。それは、とある絵の中に隠された秘密を紐解き、宝の地図を完成させること。彼が、この絵を手に入れたがるのは明白です。

  • 容疑者 No.3:
    パフォーマー

    奇想天外なパフォーマーは、いつでもどこでも神出鬼没。カメレオンのように、巧みに人物や作品に成りすまします。それは淑女の絵が盗まれる前のこと。ですから、気を付けて!パフォーマーがペンダントを振り子のように左右に揺らしはじめると、視線は惑わされ、あなたは眠りに落ちる…3、2、1、ほら!

  • 容疑者 No.4:
    ヒッピー

    ヒッピーの彼女にとって、人生とはまさに試練。絶え間なく移り変わる人生は、彼女に数多くの問いを投げかけます。生きることの意味を突きつめて考えているうちに…彼女の身体は無意識のうちに揺れ動き、手首のブレスレットが鳴り響きます。物事のことわりを知るために、彼女はダンスのステップの中にも答えを探します。そして、彼女があの絵の前で足を止めた瞬間…そう、彼女はその絵が本物の芸術であることを一目で悟ったのです。一見、誰よりも素直に見えますが、実際は?

  • 容疑者 No.5:
    探偵

    シーンに登場するたびに、喝さいが起こりスリルが沸き上がる、それが探偵というもの。帽子を深く斜めにかぶり、薄明りの中から姿を現すおなじみの姿。ところが、事件を解決する人物としては、なんとも不可解な様子。いつもは平静を保っている彼ですが、どうやらコレクターのレディにはそうでもないようで…。隠された意図があるのでしょうか?当てずっぽうは禁物です。後の仕打ちが手ごわいですから…

スタイルを見る

素材が主役の2019年秋冬コレクション。サドルステッチが施されたレザーやエナメル、ラビットフェルトや面取りが施された鏡面のメタルパーツなど、あなたの相棒として頼もしいアイテムが揃っています。