2019年秋冬レディス・プレフォールコレクションショー | エルメス - Hermes

2019年秋冬レディス・プレフォールコレクションショー

どこか危険な香り漂うような異国の花々がディスプレイされた、エキゾチックなウィンドウ。2019年秋冬のプレコレクションでは、女性の持つ無限のパワーが新たな解釈でデザインされています。

乗馬からのインスピレーション

乗馬の世界から取り入れたディテールが描くシルエット。ディアスキンとラムスキンを使用したブルーブラックのコート、テラコッタ色のレザー製トレンチコート、コーラル色のウールジャカード製カーコート、そしてジョッパーズ風のショートパンツ。毅然とした雰囲気と共にライディングブーツで闊歩します。

力強いアティテュード

エルメスをまとい、冬を闊歩して。襟元にムートンをあしらったシエンヌ色のカナディアンコートは、ステッチを効かせた《クルー・メドール》のボタンが特徴。ベルトを締めてたスタイルで。また、全身デニムのトータルルックは、ブルー・インディゴのコットンフランネル製パーカに、5つのポケットを備えるパンツとライディングブーツを合わせた大胆な再解釈。

シルエット

ピュアなラインに、毅然としたシルエット。ヴェール・ヴェロネーズ色のシルクワンピースはヒョウを思わせるしなやかさ。シルクのカレ《ジャングル・ラブ》を5枚使用し仕立てられています。ジョーヌ・アンぺリアル色のベルベットカーフ製ワンピースには、パラジウム仕上げのメタル製《クルー・メドール》を満天の星空のように散りばめて。ブラックのシルクジャカードで仕立てた幅広のストラップが、グラフィカルでくっきりとしたショルダーラインを描き出します。

ディテール

グリーンやルージュ・ブラッシュのベルベットカーフを使ったライディングブーツなら夜の装いにも最適。一方、ショートブーツは、高いヒールにラバーソール、ヴォー・ヴェロアを素材にリブ編みをあしらったカットワークのディテールで、スマートなシルエットに。

ヴォー・バレニア・フォーブル製の新作バッグは、ノスタルジックな筆記帳をブックバンドでまとめたようなデザイン。学生時代を思い出しながらストラップを無造作に掴んで。バッグ《リンディ》ミニと同じく、エベンヌ色のトリヨン・クレマンス製で、しなやかでレクタンギュラーなフォルムが特徴。

エルメスのハイジュエリーは、優雅な所作を生み出す身体に捧げる美しき抒情詩。ピンクゴールド、ダイヤモンド、ブラックスピネルで長鞭をかたどった《フエ》は、デコルテに寄り添うように形を変えるメッシュ状のネックレス。マットブラックのジェードが主役のネックレス《ニロティカス・リュミエール》は、ピンクゴールドとパヴェダイヤモンドが引き立てます。名の通りクロコダイル模様を思わせるデザインです。

音楽

「音に奥行きを持たせ、柔らかさを感じさせたいと思いました」こう語るのは、エレクトロポップバンド「エール」のメンバー、ジャン=ブノワ・ダンケル。彼が今回のコレクションショーのために手掛けた音楽は、シンフォニア・ポップ・オーケストラによる生演奏で披露されました。

クレジット:
Antoine Asseraf & Thibault Della Gaspera - ムービー
Cédric Bihr - フォト(ランウェイ)
Gaspar Ruiz Lindberg - フォト(ディテール)
Jean-Benoît Dunckel et les solistes du Sinfonia Pop Orchestra - 音楽
Pilooski - 音楽監督
PRÊT-À-PORTER FEMME