2019年春夏レディス リゾートコレクション | エルメス - Hermes

2019年春夏レディス リゾートコレクション

夏は軽やかさと戯れて。しなやかで直線的なシルエット、淡いトーン、動きのあるラインのレザーが姿を現します。カットやモチーフが描く、ナチュラルでありながら輝くような至高のエレガンス。

素材と出会う肌

夏は素肌にレザーをまとって。撥水加工を施したカーフや軽量なディアスキン、夏のカシミアがもたらす、流れるようなラインとセンシュアリティ。
  • 乗馬と航海の世界

    2019年、エルメスのコレクションが表現する馬上の女性像、その夢は船乗りになること。コレクションの中心となった航海と乗馬を軸としたルックは、エルメスにとって大切なこの2つのコードを再解釈したものでした。アイコニックなマリンウェアには、皮革工房としての伝統を示すレザーやメタルの留め具が用いられています。フィッシャーマン風スモックが素肌を包み込み、ジップカラーのコートはコンビネゾンを覆います。タイムレスなエレガンスを備えたグラフィカルでスポーティな作品は、新しい地平へと冒険に出る女性のための装いです。
  • ダブルフェイスの妙

    裏が表と同じくらい素敵なウェア。これがダブルフェイスのカシミアの挑戦です。ジャカード模様のパーカは、Hのラインで遊び心を発揮します。コントラストを出すためインナーは単色のみです。着心地がよく上品なウェアは、カジュアルにもフォーマルにも、さまざまな着こなしを可能にしてくれます。
  • レースに魅せられて

    ルネッサンス時代の星見表にインスピレーションを得たカレ《占星術》のモチーフが、今回3枚のドレスからなる特別な装いによって再解釈されます。
    きわめて複雑なデザインによるシャンティレースの製作は、かつてのレースづくりの製法を再現するという究極の試みによって実現に至りました。「クレーヴクール・チュール」と呼ばれる生地は、緻密な部分と粗い部分を効果的に配してモチーフをくっきりと浮き上がらせます。夏の風がそよぐようなドレスの誕生です。

夏を彩るパステルカラー

夏のパレットを彩る、ローズ・グラニット、ブルー・パステル、ジョーヌ・ポレン、ベージュ・クラフト、イヴォワール、ブラン・カッセ。