オブジェの秘密

単色の下地の上にくっきりと描かれた、スタイリッシュでグラフィカルな4頭の馬の頭とたなびくたてがみ。今回、装い新たにバヤデール調のストライプに彩られています。1973年にピエール・ペロンがデザインしたカレ《カドリージュ》は、2頭1対の馬の頭をパズルのように配置したデザインが特徴で、名は古代馬車「カドリージュ」に由来しています。主にレースで使用されていた4頭引きの馬車《カドリージュ》は、パリのグラン・パレやベルリンのブランデンブルグ門を飾る石像が有名です。新しい解釈で生まれ変わった《カドリージュ・バヤデール》では、馬の頭に幅広のカラフルなストライプがあしらわれました。