オブジェの秘密

地図製作者として知られるセバスティアン・ミュンスターは、歴史学者、天文学者、数学者、ヘブライ語教師でもありました。1544年に初めてドイツで出版された『コスモグラフィア(宇宙詩)』は、16世紀に最も読まれた書物のひとつです。この本の初版をポーランドの図書館で見つけたとき、ヤン・バイトリクは神話と伝説から成るその世界観に引き込まれました。このカレは想像上の風景を表現していて、建築、動物、植物を混在させています。ミュンスターの本に載っている馬頭魚尾の怪獣ヒッポカムポスやピラミッドを利用して、バイトリクは驚異の事物にあふれた夢幻的な世界を生み出しました。