オブジェの秘密

鞍の図柄を包み広がる色とりどりの光輪。カレの表面に奥行きが生まれ、同時に《ブリッド・ドゥ・ガラ》の豊かな表現力が明らかになります。色彩の影(シャドー)に包まれ、図柄は命を吹き込まれたように新たなエネルギーを発します。1957年にユーゴ・グリッカーが生み出して以来、絶えず生まれ変わり、新たな創造を加えられながらも、オリジナルとして揺るぎない名声を保ち続けるカレ《ブリッド・ドゥ・ガラ》。メゾンを代表するデザインのひとつであり、どんな変奏も許されます。自由な発想により変貌しつつも、元のデザインの個性と力強さが失われることはなく、趣が変わっても必ず《ブリッド・ドゥ・ガラ》として見分けられるのです。

パーフェクト・パートナー

ショッピングを続ける