オブジェの秘密

19世紀の馬車カタログには、当時活躍した様々な種類の馬車が登場します。街中用の小型クーペ(二人乗りの馬車)、前方にトランク、後方に座席を配した郵便馬車、世に送り出したオルセー伯爵の名前を冠したエレガントな日よけが特徴的なクーペ・ドルセー、丸みを帯びたボックスのクーペなど……。19世紀末、蓄電器の登場によって時代は馬車から自動車へ。それでも、乗客を収容する席は馬車と同じ「ボックス」と呼ばれていました。1898年6月には、フランスの自動車倶楽部により「フィアクル・オートモービル(辻馬車型自動車)」のコンクールが開催されました。カレ《クーペ》が初めて登場したのは1970年のこと。さまざまな馬車の正面図や側面図で構成され、まるで子供向けの組み立て式のパズルにも似た構図は、非常に単純な図形と平面が完璧なバランスで構成されており、抽象画のような印象さえ受けます。グラフィカルな要素が、バリエーション豊富なバイカラーによって際立ちます。

パーフェクト・パートナー

ショッピングを続ける