オブジェの秘密

『デッラ・カヴァッレリア』は、馬術に関する概論書として史上最も素晴らしいもののひとつです。著者はゲオルク・エンゲルハルト・フォン・ローネイセン。ドイツのバイエルン地方で17世紀初頭に出版されました。エミール・エルメスのコレクションに収蔵されているこの書物には、華麗で細密なバロック様式の版画がふんだんに収められています。着飾った馬や、想像上の動物の装飾を施したドイツの馬ば橇そりなどもあります。戯れるようにそれらを操るデザイナー。馬の体と想像上の動物を組み合わせ、バロック様式に特有の過剰さをさらに強調しています。2018年のエルメスのテーマは遊びとゲーム。ヴィルジニー・ジャマンは、ラケット、ヨーヨー、独こ楽まなどを配して、風変わりでナンセンスの可笑しさを漂わせる「優美な解剖図」を創造しました。
それぞれのブレスレットにはオリジナルのデッサンが描かれています。

パーフェクト・パートナー

ショッピングを続ける